十勝毎日新聞社会社案内

いつも地域とともに。Always Serving Tokachi

↑ページ先頭へ
  1. ホーム
  2. 社史

十勝毎日新聞社のこれまでの歩み

 「郷土の発展とともに」の社是の下、十勝毎日新聞社は1919年9月に創刊し、十勝管内で最大シェアの夕刊紙を発行する地域の顔として親しまれています。
 歴史をひも解くと、初代社長の林豊洲(本名・茂)が帯広市西2南8に帯広新聞社を設立したのが始まりとなります。その年に旬刊「帯広新聞」を創刊し、1920年に現在の「十勝毎日新聞」に改称しました。
 十勝のコアな情報をきめ細かく報道するハイパーローカルな紙面づくりを徹底するとともに、ケーブルテレビやコミュニティーFM、フリーマガジンといった多メディアとの連動やホテル、飲食、菓子店、ガーデンなどの経営にも力を入れ、メディアと観光の両輪を柱とした事業を展開しています。
 十勝毎日新聞社はこの先も、クロスメディア(新聞やテレビなど報道媒体の連携)の推進と観光振興への挑戦を続けていきます。

歴代社長

  • 初代 林 豊洲

    初代 林 豊洲[1919年9月~]

  • 2代 林 克己

    2代 林 克己[1935年12月~]

  • 3代 林 正巳

    3代 林 正巳[1991年1月~]

  • 4代 林 光繁

    4代 林 光繁[1992年12月~]

  • 5代 林 浩史

    5代 林 浩史[2009年12月~]

十勝毎日新聞 題字

1931(昭和6)年に建設された3階建ての社屋。新聞の統合などを背景に一度手放すが、1957(昭和32)年に買い戻し、1968(昭和43)年まで使われた

鉛の活字時代
1919(大正8)年の創刊から使われ続けてきた鉛の活字。コンピューターによる印刷組版システムの導入により次第に姿を消した

1978(昭和53)年
故中川一郎農林水産大臣(左)と故太田寛一全農会長の対談。十勝出身の日本農業のトップリーダー同士が将来を見据えて議論を交わした

「グリンピア‘82十勝博」の様子

1985(昭和60)年、帯広シティーケーブルの開局

恐竜模型を展示した「みどりいむ‘92

1994(平成6)年「エフエムおびひろ」を設立

2010(平成22)年にオープンした「十勝トテッポ工房」。建物は2011(平成23)年度赤レンガ建築賞奨励賞を受賞。地元素材を使用したおいしいお菓子を提供している

2012(平成24)年に英国ガーデンデザイナーズ協会(SGD)の大賞を受賞した十勝千年の森。写真は自生植物からヒントを得たメドウ・ガーデン

2016(平成28)年に開催した特別展「篠山紀信展 写真力」。2万5千人以上の来場者数を記録した

ウォール・ストリート・ジャーナルと提携。2018(平成30)年WSJグローバル・マネージング・ディレクターのジョナサン・ライト氏(右)と握手する林浩史社長

2018(平成30)年に導入した、新編集システムの稼働式後の記念写真。より美しい画像の紙面に

【豊洲時代~戦前】

1909(明治42)年
・林茂(豊洲)が帯広に移住1914(大正3)年
・菅野光民が経営する「十勝日日新聞」に茂が入社

1918(大正7)年
・ 光民がトムラウシで熊に襲われ死去

1919(大正8)年
・茂が帯広新聞社を設立
・旬刊「帯広新聞」を創刊

1920(大正9)年
・十勝毎日新聞と改称、日刊に
・本社印刷工場完成 4ページで発行

1923(大正12)年
・創立5周年、本紙1000号

1925(大正14)年
・第1回帯広野球大会
・全十勝野球大会

1929(昭和4)年
・第1回納涼花火大会(現勝毎花火大会)

1930(昭和5)年
・「十勝小唄」を作詞発表

1935(昭和10)年
・豊洲死去、林克己が2代目社長に就任

1936(昭和11)年
・昭和天皇帯広行幸、天覧新聞に指定

1939(昭和14)年
・戦時統制で旧北海タイムスと合併

1942(昭和17)年
・道内11紙の統合による「北海道新聞」を創刊

【戦後】

1946(昭和21)年
・復刊の前提として「週刊十勝毎日新聞」発行。タブロイド版

1947(昭和22)年
・「週刊十勝毎日新聞」第40号で休刊

1952(昭和27)年
・日刊「十勝毎日新聞」復刊

1956(昭和31)年
・十勝川温泉第一ホテルの前身、大衆温泉「 十勝川温泉クラブ」開業

1961(昭和36)年
・「十勝川温泉クラブ」を第一ホテルと改称
・輪転機印刷設備完成(マリノニー式色刷・自動折り畳み付き)

1962(昭和37)年
・札幌支局設置

1964(昭和39)年
・広尾支局を開設

1968(昭和43)年
・創刊50年を迎え、新聞の題字書き換え

1969(昭和44)年
・新社屋完成

1970(昭和45)年
・新得支局開設

1972(昭和47)年
・発行部数2万部を突破

1974(昭和49)年
・本社系列会社として「勝毎観光」新設

1976(昭和51)年
・「交通事故をなくそう」をテーマに第1回年間キャンペーンを展開
・輪転機(オフセット)導入に伴う新工場拡張増設
・株式会社として登記
・初代社長林豊洲作詞「十勝小唄」の保存会発足により、小唄発祥の地狩勝峠頂上の見晴し台に碑を建立、除幕式挙行

1978(昭和53)年
・「日本農業大いに語る中川一郎 農林水産大臣、太田寛一全農会長 ビッグ対談」企画掲載

1979(昭和54)年
・創刊60周年記念「札響コンサート」開催

1982(昭和57)年
・ふじまるビル7階に「勝毎サロン」開設
・かちまいホームセンターオープン
・十勝文化会議設立、本社事業局に事務局を設置
・帯広市開基100年を記念して「グリンピア′82十勝博」を開催

1983(昭和58)年
・発行部数5万部達成

1984(昭和59)年
・読みやすい「K」字を開発、使用開始

1985(昭和60)年
・帯広有線テレビを株式会社帯広シティーケーブルに社名変更
・帯広シティーケーブル(OCTV)開局

1990(平成2)年
・「十勝新聞教育研究会」発足十勝のNIE運動が本格スタート
・カーボン・オフセットの理念に基づき、清水町内に植林用地を確保。森林造成による環境改善活動に取り組む

1991(平成3)年
・林正巳3代目社長に就任
・紙齢20000号到達
・「ホテル北海館」を買収、グループのシティーホテルとして経営

1992(平成4)年
・グループ企業第一ホテルの新館「豊洲亭」グランドオープン
・林光繁4代目社長就任
・帯広市、帯広商工会議所と共催で「みどりいむ′92」(十勝・緑の地球博)開催
・「新K字」の使用開始 1段12字79行制を採用(従来は13字87行)

1993(平成5)年
・本社北米支局をアメリカ・オハイオ州クリーブランド市に開設。支局長に林浩史取締役が就任

1994(平成6)年
・コミュニティーFM局「株式会社エフエムおびひろ」をグループ会社として設立( 5月31日)
・グループのホテル北海館が「北海道ホテル」に改称
・コミュニティーFM放送「FM-JAGA」開局(12月24日)

1995(平成7)年
・発行部数8万部達成
・全国に先駆けて記事の原則署名化を実施
・十勝毎日新聞社グループ地ビール会社「十勝ビール株式会社」を設立

1996(平成8)年
・函館市の㈱テーオー小笠原との共同出資で「株式会社函館新聞社」設立
・新聞の編集、制作を全画面にコンピューター化する電子編集システム(新CTS)導入

1998(平成10)年
・十勝初のフリーペーパー情報誌「Chai」創刊 タブロイド判20ページ、フルカラーで10万部を発行

1999(平成11)年
・東京機械製作所の超高速オフセット輪転印刷機「タワー型カラートップCT6000」を導入

2000(平成12)年
・創刊80周年記念で公募した本社イメージキャラクターの愛称が「ぴぴっと」に決定
・読売新聞社と災害時相互援助協定を締結

2001(平成13)年
・文字を大型化。1段11字組みに
・発行部数9万部達成

2002(平成14)年
・「とかち国際現代アート展・デメーテル」開催

2004(平成16)年
・十勝川温泉第一ホテルに「三余庵」オープン

2005(平成17)年
・欧州以外で初開催のナチュラルチーズ国際交流会議「コミテ・プレニエ・フロマージュ」開催

2006(平成18)年
・東京・銀座に「十勝屋」開業
・新印刷工場増設工事完了

2007(平成19)年
・十勝川温泉第一ホテルが創業50周年記念式典、本館を「豆陽亭」としてリニューアルオープン
・十勝川温泉第一ホテル別館の「三余庵」が小規模旅館として北海道初の「サービス最優秀旅館ホテル」に選出

2008(平成20)年
・十勝千年の森がグランドオープン
・フリーペーパー情報誌「Chai」を月刊マガジン化

2009(平成21)年
・女性の会員制クラブ「SALA」スタート
・現社長 林浩史5代目社長就任
・Chaiマガジン「まんぷく十勝2009~10」発行

2010(平成22)年
・十勝毎日新聞「電子版」サービス開始
・カフェお菓子屋「十勝トテッポ工房」オープン

2012(平成24)年
・北海道ガーデンショー開催
・ダイニングレストラン「十勝農園」オープン
・十勝千年の森のアース・ガーデン、メドウ・ガーデンがSGD大賞受賞

2013(平成25)年
・広告事業を分社化し、「CMC」を設立
・国内著名識者のコラム欄「耕土興論」を新設

2014(平成26)年
・札幌医科大学と包括連携協定を締結

2016(平成28)年
・家庭の作業代行サービス「ぴぴっとお手伝いサービス」を開始
・帯広畜産大学と包括連携協定を締結

2017(平成29)年
・勝毎光風社を設立、十勝毎日新聞社事業局に関する業務を委託
・ISTの打ち上げロケットのパブリック・ビューイング開催
・ハウスクリーニング事業「かちまいライフサポート」開始
・十勝千年の森土木学会景観・デザイン委員会主催の「土木学会デザイン賞2017」で最優秀賞

2018(平成30)年
・十勝千年の森が国際ランドスケープアーキテクト連盟(IFLA)が主催する2018年AAPME(アフリカ・アジア太平洋・中東地区大会)で最高位の「Outstanding Award」を受賞
・かちまい印刷と北海道新聞社・子会社の道新総合印刷が災害協定締結
・勝毎電子版で追加料金なしに米国の有力紙「ウォール・ストリートジャーナル(WSJ)」オンラインの購読ができるサービス開始。本紙の国内・国際面にもWSJの記事欄を設置
・従来のCTSと違い多メディア配信を可能とする新システム(CMS)導入