HOME 広告掲載について フリーマガジン「Chai」 広告入稿の手引き
   | メール配信登録  twitter facebook |

フリーマガジン「Chai」 広告入稿の手引き

フリーマガジン「Chai」 広告入稿の手引き

十勝毎日新聞社 ・ (株)CMC
更新日 2016.2.1

フリーマガジン「Chai」にご入稿いただく際の、順守事項についてご案内いたします

  • フリーマガジン「Chai」の手引き(PDF 520KB)ダウンロード 更新日 2016.2.1
  • 十勝毎日新聞の広告入稿については、こちら

フリーマガジン「Chai」の特記事項

  • Adobe Illustretor 全バージョン対応
  • 全ての文字のアウトライン化が必須
  • カラーモードはCMYKのみ(RGB厳禁)
  • 純正以外の「効果」は必ず「アピアランスを分割」
版下データは校了日の午後2時までにご入稿ください企画広告など、入稿締切が早まる場合がありますのでご注意ください
修正が必要となる場合は再入稿していただきます
  • 枠線を含む全てのオブジェクトをサイズ内に収める
  • 使用したバージョンのままイラストレータのネイティブ(.ai)形式で保存
  • 埋め込んでいない、配置した画像はすべて同梱
  • 画像の解像度を不必要に大きくしない
  • 特色は不可(必ずプロセスカラーに変換)
  • 仕上がり見本(ゲラ)プリントを添付 ※JPG(RGB)・PDFで代用可
  • ネット経由で入稿する場合、必ず圧縮
  • 弊社規定が守られていない場合、それが原因で掲載時に不具合があっても免責とさせていただきます

さらに詳細な内容はこちら

体裁 A4 中綴 コート紙
オールカラー
線数 175線
推奨画像解像度 350dpi
EPSの線数指定 無効
カラープロファイル 当社指定
オーバープリント 破棄
K100のオブジェクト 全てノセ

広告版下データ制作における、基本事項については、日本広告業協会の 「新聞広告デジタル制作・送稿ガイド Ver.2.0」が詳しいので、こちらをご参照ください。

フリーマガジン「Chai」 広告サイズ一覧

枠もの広告〈トンボ・塗り足し不要〉
枠名称 左 右   天 地
1/16枠 39 mm × 61 mm
1/8枠 85 mm × 61 mm
1/4枠(縦) 85 mm × 129 mm
1/4枠(横) 177 mm × 61 mm
1/2枠 177 mm × 129 mm
ページもの広告〈天地左右に塗り足し3㎜必要〉
枠名称 左 右   天 地
1頁(A4縦) 210 mm × 297 mm
2頁見開き(A3横) 420 mm × 297 mm
表4(左に奥付) 200 mm × 297 mm

中綴じ製本なので、製本の際の断裁を考慮し、 文字やロゴ・マークなどの切られてはいけない要素は、 左右に最低5mm以上(推奨10mm)の余裕をとって レイアウトしてください

●企画広告の場合、特殊なサイズになる場合がありますので、それぞれの企画書をご確認ください

●サイズが規定と違う場合、弊社で強制変倍して掲載となりますので、予めご了承ください

広告枠テンプレートをご用意いたしましたのでご活用ください(改変・再配布自由)

※Chai用と十勝毎日新聞用が同梱されています

さらに詳細な内容…

〈枠もの広告〉

■全てのオブジェクトを枠サイズ内に収めてください

  • ●トンボ・カラーターゲットなどは不要です
  • ●広告枠の外にはいかなるオブジェクトも残さないでください
  • ●基本的に外ケイが必要です
  • ※ケイの代わりに、枠がはっきり分かる塗りか写真などのオブジェクトでも代用できますが、境界があいまいなものはNGです
  • ●枠ケイはアウトラインをとり、罫線の外側をサイズ内に収めてください
  • ※「アートボード」機能があるバージョンでは、アートボードサイズを枠サイズに一致させることを推奨します

〈ページもの広告〉

■1ページまたは2ページ見開き広告は天地左右に
 3㎜裁ち落としの塗り足しをつけてください
 ※チラシなどのA4・A3単票ものと同じです

  • ●表2・表3については、左右のみ各5㎜の裁ち落としになります(天地は各3㎜)
  • ●表4については幅10㎜の「奥付」が入るため、左端に塗り足しは不要です(使えません)
    天地は各3㎜、右に5㎜の裁ち落としが必要です
  • ●トンボは必須ではありませんが、つけない場合はガイドラインまたはアートボードで仕上がりサイズを明示してください
  • ●中綴じ製本なので、製本の際の断裁を考慮し、文字やロゴ・マークなどの切られてはいけない要素は左右に最低7㎜以上(推奨10㎜)の余裕をとってレイアウトしてください

★サイズ・色数およびクライアントが同一の版の場合、1つのイラレファイルに2つまで版下データを入れられます。
 つまり、見開きの左右ページなどを2つに分割して保存する必要はありません
 タテ配置もヨコ配置も使えるので、たとえば新聞全3段の版下をA3ヨコに上下に並べて、効率よく制作していただくこともできます。
※サイズと色が少しでも差異があるものには適用できませんのでご注意ください。

■イラストレータ形式(.ai)で入稿してください

  • ※イラストレータEPS形式でも特に問題ありませんが、ファイルサイズが肥大化しやすいので推奨しません
  • 制作したバージョンそのままで保存してください  バージョンを落として保存しないでください
  • ●Mac/Windows どちらで制作されていても構いません
  • ●イラストレータ純正(最初からついている機能)の効果メニューやアピアランスは、すべてそのまま使用できます
    (効果を分割する必要はありません)
    ※逆に、サードパーティー製の効果を使用している場合は、忘れずにアピアランスを分解してください

■すべての文字をアウトライン化してください

  • アウトライン化前に一度版下を保存し、コピーした別ファイルで処理することを強く推奨します。
  • ●文字のアウトラインを取る前に、忘れずにすべてのレイヤー・オブジェクトのロックを解除してください
  • ※「書式」or「文字」メニュー→「フォント検索…」で、フォント名が1つも表示されないことを必ずご確認ください
  • ※アウトライン前の文字に「エンベローブ」などの効果を適用している、または「グラフ」機能でグループを解除していない場合において、そのままでは文字のアウトラインがとれませんので、「アピアランスを分割」または「グラフグループの解除」を行ってからアウトライン化してください
  • ●文字の孤立点(空テキスト)が残らないようにしてください
  • ●できればアウトライン化前の元ファイルも同梱してください
  • ●パス化した筆文字やロゴ・マークなど、複雑すぎるパスは出力時エラーを起こしやすいので、できるだけ単純化してください

■ファイル保存時は「圧縮を使用」のみ有効にしてください

  • ※「PDF互換ファイル」が有効だと無駄にファイルサイズが大きくなります
  • ※「ICCプロファイルを埋め込む」にチェックを入れても無効になります

■スポットカラー(スミ+1色)の場合、使っていないカラーを確実にゼロデータにしてください

  • ●配置画像も使用外のカラーチャンネルは全て破棄してください
    ※使用外の色が残っている場合、修正したデータを再送していただきます
  • ●版下データは「スミ+シアン」「スミ+マゼンタ」「スミ+イエロー」のいずれか、使用するカラーに近似する色で制作してください
  • ●「特色」機能を利用した場合、版下データでは必ずプロセスカラーに変換してください

■オーバープリントの指定はすべて破棄されます

  • ※必要な場合は「乗算」を使用してください

■スミ100%(C0・M0・Y0・K100)のオブジェクトは、オーバープリントされます

  • ●色地や画像の上に文字などのスミ100%のオブジェクトを置くと下が透けます
  • ※意図的に回避するには、たとえば「C1・M0・Y0・K100」のように、CMYのいずれかを1%入れてください
    (要はスミ100%以外ならオーバープリントされません)

■特色は使用できません 必ずプロセスカラーに変換してください

  • ●出力時にエラーを起こしますので、確認をお願いいたします

■すべての配置画像を同梱してください

  • ●※確実に配置画像をまとめるために、画像収集ツール(フリーソフトが多数公開されています)を導入するか、イラストレーターの純正機能「パッケージ」の使用を推奨します(CS6以降)
  • 〈使用方法〉収集元のイラレファイルを開いて、メニューの「ファイル」→「パッケージ...」を選択
    →保存場所とフォルダ名を入力し、「オプション」の「リンクをコピー」にチェックを入れる
  • https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/how-to/package-data-print.html (アドビ公式の解説ページ)
  • ●または、画像すべてを埋め込んでください(リンク切れがなく確実ですが、全体のファイルサイズが肥大化しやすくなります)
  • ●画像形式はPSD・EPS・TIFF・JPEG(CMYK)など、イラストレータとフォトショップで扱える形式なら、何でも構いません
  • ●配置画像は、CMYKまたはグレイスケールで作成してください
  • QRコードはスミ1色にしてください (意図的に着色する場合を除く)
  • 画像の解像度を不必要に大きくしないでください
    ※印刷線数が175線なので、実寸で350dpi 程度を推奨します
  • ●EPS側の線数指定は無効です  カラープロファイルも当社指定のものとなります

■仕上がり見本(ゲラ)を送付または同梱してください

  • ●プリントアウトを提出いただくか、またはJPEGかPDFに書き出して同梱するなど、仕上がり見本を必ずお渡しください
  • ※確認用画像についてはRGBで構いません 解像度は150〜300dpi(文字が読める程度)を推奨します
  • ※PDFの場合は、文字をアウトライン化したイラレファイルから作成してください

■データをネット経由で送信される場合、必ず圧縮してください

  • ●Mac・WinともZip形式を推奨いたします
    ※Stuff It・RARなどおおよそメジャーな形式は受けられますが、特殊な形式の場合はなるべく送信前にご相談ください
  • ●フォルダ名を英数文字にしてから圧縮してください(フォルダ内は日本語で構いません)
    ※送信時のファイル名に外字(丸付き数字やカッコ株、人名異字体など)を使うと、解凍時に文字化けするのでおやめください
  • ●圧縮する際はパスワードを付与しない(暗号化しない)でください
  • ●USBメモリー、CD/DVDなどの物理メディアで入稿される(ネットを経由しない)場合は圧縮不要です

ご不明な点があれば弊社担当者へおたずねください
本書の内容 および入稿データの技術的なお問い合わせは企画制作部 TEL0155-21-8000へおたずねください

十勝毎日新聞社・(株)CMC
帯広市東1条南8丁目2 TEL 0155-23-2323 FAX 0155-24-9190
東京支社/東京都中央区銀座3丁目14-9 第2厚生館ビル別館2F TEL 03-3544-1365
札幌支社/札幌市中央区北2条西2丁目34 ダイアビルディング札幌2F TEL 011-261-2161

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
31日の十勝の天気
最高気温
4℃
最低気温
-1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み