Loading...

十勝毎日新聞社・採用情報

十勝毎日新聞社の採用情報ページです。

読者と情報が出合う橋渡し役

石川 彩乃 Ishikawa Ayano
編集局整理部

①志望動機・入社理由を教えてください

大学3年生のときの教育実習中、「自分には武器が一つもない」と悩んでいたことがありました。実習担当の先生から「石川さんが書く実習日誌はすごく読みやすいね」と褒められたことをきっかけに自分の得意なことに気がつき、文章を書く仕事に就きたいと思い始めました。在学中に地域で活躍する人と関わる中で、どこかに眠っている地域の課題や魅力を自分の手で掘り起こし伝えたいと考え、地域に密着した十勝毎日新聞社で記事を書きたいと思い入社を志望しました。

②現在の仕事を教えてください

取材記者から送られてくる原稿に見出しをつけ、紙面をレイアウトする整理業務を担当しています。夕刊紙面の整理をする午前中は、当日イベントの記事や、重大なニュースが突然入ってくることがあり、そのたびに紙面の構成を変えています。限られた時間の中でたくさんの記事を読み、読者に簡潔に伝える見出しをつけ、効果的なレイアウトを考えなければいけないため、常に緊張感を持って臨んでいます。
ふらっと立ち寄ったお店に自分が編集した紙面の切り抜きが飾ってあると、嬉しいような、恥ずかしいようななんともいえない気持ちになります。記事を書くだけではない記者の魅力を毎日実感しています。

③仕事での失敗談や大変だったことを教えてください

これという正解のない紙面整理業務に反省しない日はありません。印刷された新聞を開いて見ると、以前付けた見出しと似ていたりレイアウトももっと良い方法があったのではと後悔したりするばかり。自分で納得できなかった紙面は戒めとして写真を撮って見返すようになり、上司から指摘された「AIでは付けられない見出しや紙面を作るのが整理記者の仕事」という言葉を心の中に留めながら整理業務に臨んでいます。元旦号の紙面整理では、見て楽しんでもらえるよう雑誌なども参考に工夫を凝らしました。周囲からも「斬新で面白いね」と声を掛けられ、自分自身でも表現の幅が広がったと成長を実感しました。

④これからの目標

私は一日に何本もの記事に目を通します。取材記者から送られてきた原稿は、どれも書き手の「伝えたい」という思いで溢れています。読者の方にはできればすべての記事に興味を持って読んでいただきたいのですが、なかなかそうはいきません。みなさんも新聞を読んだとき、なんとなく見出しや写真だけを斜め読みすることも多いのではないでしょうか。
記者が伝えたかったことを分かりやすい見出しとインパクトあるレイアウトで伝える…整理記者としては当たり前のことですが、いつも納得のいく紙面整理ができているかと言われるとそうではなく、まだまだ技術を磨かなければ、と反省の毎日です。読者のみなさんと情報が出合う橋渡し役として、学ぶ姿勢を持ち続け、十勝の魅力を伝えていきたいと思っています。

⑤就職活動中の学生にメッセージ

就職活動を本格的に始めたのは大学3年生の冬頃。それまではずっと「私が社会で活躍できる、必要とされる場所はどこだろう」と悩んでいました。自信がなく、何をやっても中途半端な自分に嫌気がさしていました。そのため、就職活動では「自己分析」にほとんどの時間を費やしました。自分の生い立ちや好きなこと、周りから言われたことなどをノートに書き出して、ただひたすら自分と向き合いました。そこから自分の得意なことを活かせて社会貢献できることは「地域の魅力や課題を掘り起こし、文章にして多くの人々に伝えること」だと気づき、出合ったのが十勝毎日新聞社でした。
就職活動は、内定勝ち取りゲームではありません。これからの人生の軸をつくっていく貴重なチャンスです。この機会に嫌というほど自分と向き合ってください。自分を理解すれば、あとはそれを発信していけば良いだけ。きっと今よりも自信を持てるようになっているはずです。みなさんの就職活動が実りの多いものになりますように。

ある1日のスケジュール

7:00 起床し大学時代の友人達とテレビ通話。近況や今日やることを報告し合う
8:30 出社し当日組みの紙面整理
13:30 昼食休憩。たまに寝てしまう
14:30 前日組みの紙面整理
17:30 退社

※記載の担当業務・内容は執筆時点(2021年1月)のものです。

石川 彩乃

石川 彩乃

Ishikawa Ayano

編集局整理部
2020年入社
北海道深川市出身

経歴/

  • 2020年4月 編集局整理部に配属。取材記者が書いた記事に見出しを付け、記事や写真、見出しをレイアウトする整理業務を担当
  • 2021年2月 編集局社会部。警察・司法などを担当
  1. ホーム
  2. かちまい×人(社員紹介)
  3. 石川 彩乃 Ishikawa Ayano
↑ページ先頭へ