十勝毎日新聞社リクルート

十勝毎日新聞社リクルート

十勝毎日新聞社リクルート

↑ページ先頭へ

かちまいを知る

かちまい(十勝毎日新聞)は、十勝の生活になくてはならない存在を目指しています。

十勝毎日新聞の
経営理念

かちまいを知る #01

ABOUT US

「地域とともに」
「メディアと観光で地域振興」

十勝毎日新聞社は大正8年(1919年)の創業以来、「地域とともに」の社是の下に歩みを進めてきました。 新聞本紙を中心として、インターネットの電子版、ケーブルテレビ、コミュニティーFMラジオという多様なメディア、ホテルや飲食・菓子店、ガーデンなどの観光業を経営の両輪に据え、地域振興に貢献しています。

十勝毎日新聞社の経営理念とかちまいグループの構成

経営理念

地域の中で地域の情報が回る→地域の人が地域を知る、好きになる。

かちまいグループの構成

従業員1086人、年間売り上げ122億円

メディアの取り組み

かちまいを知る #02

ABOUT US

クロスメディア

十勝毎日新聞社グループは新聞を中核に、各メディアの特性を生かし、連動した情報発信を行っています。 例えば、各種ランキングで上位に位置する「勝毎花火大会」では、紙面のほか、ラジオ放送、ケーブルテレビやインターネットでの生中継を実施。 場面ごとに適したメディアを活用できるのが最大の強みです。

新聞を中心とするメディアの集合体

新聞を中心とするメディアの集合体

メディアすべてを「クロス」

新聞×ネット(電子版)×テレビ(OCTV)×ラジオ(FM-JAGA)×広告(CMC)フリーマガジン(Chai)

例① 勝毎花火大会
開催を周知(地元向け→紙媒体、広域向け→電子媒体、ポスターなど制作→CMC)
当日の放送→①ラジオで音声②ケーブルテレビで映像③ネット動画

例② 各級選挙
紙媒体と電子版で先行して報道・周知
電子版とラジオで速報
当日はテレビとラジオの話し手が総動員で各選対でリポート

場面場面で最適のメディアを選択し、素早くPR・周知に活用できるのが勝毎グループ最大の強み


デジタルの推進

IT化が進む中、十勝毎日新聞社もデジタル対応を推進してきました。 2008年にモバイル事業「かちモバ」サービスを開始し、2010年には「かちまい電子版」を開設。 速報性を高めるとともに、スペースの関係で紙面には載せられない写真や動画のほか、観光、農業、ビジネスなどの専門サイトや大樹航空宇宙基地構想サイトなど、電子版独自コンテンツも提供しています。

勝毎電子版のこれまでの取り組み

2010年 6月 電子版開設
2014年 6月 観光特集サイト開設
2015年 4月 農業、ビジネス専門サイト開設
  8月 電子版アプリ配信
  10月 大樹航空宇宙基地構想サイト開設
2016年 10月 台風復興サイト「十勝のみんなが晴れるまで」開設
大樹空港宇宙基地構想サイト

大樹空港宇宙基地構想サイト
http://kachimai.jp/taiki-spaceport/

台風復興サイト「十勝のみんなが晴れるまで」

台風復興サイト
「十勝のみんなが晴れるまで」
http://tokachi-harerumade.jp/

100年に1度の大雨が十勝を襲来。
電子版無料開放で、記事・動画を発信。

線路が崩壊。JR札幌-帯広間は4カ月普通に

線路が崩壊。JR札幌-帯広間は4カ月普通に

川が氾濫し、住宅が流される被害も発生

川が氾濫し、住宅が流される被害も発生

8月30日~9月2日の4日間で74万PV→前年同期非6.4倍に

役場職員は電子版で情報を収集

役場職員は電子版で情報を収集

十勝川を映す電子版のライブカメラはアクセスが急増

十勝川を映す電子版のライブカメラはアクセスが急増。避難誘導にも貢献。


ハイパーローカルの追及

地域に根差す十勝毎日新聞社は「顔の見える新聞」をモットーに紙面づくりを行っています。 地域住民の名前や顔写真をふんだんに掲載し、地域密着報道を徹底しています。 その代表的な取り組みが2012年にスタートした「まちマイ」。 「まちの毎日がニュースになる」をコンセプトに、学校区や町村単位で地域に秘められた話題を掘り起こしています。

デジタルでハイパーローカルを追求

デジタルでハイパーローカルを追求

まちマイの展開

まちマイの展開

まちの毎日がニュースに!

まちの毎日がニュースに!

日常の暮らしを、視点を変え取り上げる


グローバルの追及

十勝毎日新聞社は急激に進むグローバル社会にも対応。 現在力を入れて取り組んでいるのが十勝宇宙基地構想です。 十勝の大樹町でロケット開発や射場誘致の動きが活発化していますが、十勝毎日新聞社は30年以上前から大樹町の宇宙産業基地の実現を推進してきました。 その他、世界各国のリポーターによる「imaワールド」の掲載、南極への記者派遣なども行っています。

ローバルの追及

デジタルでグローバルを追求

デジタルでグローバルを追求

グローバル追求例:十勝に宇宙基地

「報道が行動する」メディア

通常の大手メディア…ニュースや話題を取り上げるのみ
勝毎グループ…地域に提案し、行動し、報道(宇宙、農業、ハワイ、観光、文化、6次化…)→地域を“本気で”一緒に作り上げていくメディア

観光の取り組み

かちまいを知る #03

ABOUT US

観光振興に尽くした林豊洲

観光振興に尽くした林豊洲

1、十勝川温泉脈を発見、命名
1931年(昭和6年)、湯脈を発見。
ホテルを建設し「十勝川温泉」の名を広める。

2、東大雪の国立公園編入に貢献
2014年で国立公園指定から80年。
大雪山国立公園に然別湖、糠平湖周辺を含めるよう、国、道へ売り込み。

3、狩勝峠をPR
毎日新聞社の「日本新八景」選考に際し、はがき投票を呼び掛け。
道内最多、約14万票を集め全国5位に。


自らが行動し、地域を盛り上げ

観光グループの紹介

ホテル:森のスパリゾート・北海道ホテル

ホテル:森のスパリゾート・北海道ホテル

ホテル:十勝川温泉第一ホテル豊洲亭・豆陽亭

ホテル:十勝川温泉第一ホテル豊洲亭・豆陽亭

ホテル:三余庵

ホテル:三余庵

ガーデン千年の森(十勝清水町)

ガーデン千年の森(十勝清水町)

レストラン:十勝農園

レストラン:十勝農園

レストラン:コンドル

レストラン:コンドル

レストラン:お取り寄せダイニング十勝屋(銀座)

レストラン:お取り寄せダイニング十勝屋(銀座)

洋菓子店:十勝トテッポ工房

洋菓子店:十勝トテッポ工房


勝毎花火大会

勝毎花火大会

経済波及効果 各所で

周辺の飲食店で行列豚丼には300人以上!
ホテル1年前から予約阿寒、トマム、層雲峡などの宿泊施設も満杯に
会場周辺のコンビニ売り上げ1店あたり200万円増
高速道路は渋滞道東道・1日当たり最大の通行量に※経路上GSの売り上げ2割増

食や音楽…大盛況
十勝毎日新聞2016年8月13日付1面

十勝毎日新聞2016年8月13日付1面

十勝毎日新聞社

十勝毎日新聞社

TOKACHI MAINICHI NEWSPAPER,INC.

十勝毎日新聞社会社のご案内
詳しくはこちらへ

  1. ホーム
  2. かちまいを知る