十勝毎日新聞社会社案内

いつも地域とともに。Always Serving Tokachi

↑ページ先頭へ
  1. ホーム
  2. 地域文化の発展

新聞を中核に各メディアの特性を生かし
報道や広告の情報発信を複合的に連動させます。

日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016

フリーマガジンChai

創刊20周年を迎えリニューアルサイト立ち上げなどコンテンツ充実

日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016

 1998年にタブロイド版の季刊紙として創刊してから20年。十勝の生活応援マガジンとして根付き、毎月13万5700部を発行しています。美と健康の検索サイト「Chai beauty」や観光情報誌「まんぷく十勝」、「ホームドクター/病院ガイド」など多数のコンテンツで十勝の情報を発信しています。

フリーマガジン Chai

フリーマガジン Chai

SALA(サラ)

明日をもっと素敵にする
十勝の女性のためのクラブ

SALA(サラ)

 十勝に住む女性が「もっと輝けるように」と2009年に発足した会員制クラブ「SALA」は10年目を迎えます。毎年、旬の著名人3人を招き講演会を行うほか、プチレッスンや会員同士の交流の場として食事会などを催している。講演会は、講師が持つ独自の視点や体験談から前向きなパワーを受けると好評です。

2018年度講演会講師
■コシノジュンコさん/7月8日(日)幕別町百年記念ホール
■中園ミホさん&林真理子さん/12月9日(日)幕別町百年記念ホール
■倍賞千恵子/2019年3月予定(場所未定)

2018年3月、澤口俊之さんの講演会の様子

2018年3月、澤口俊之さんの講演会の様子

耕土興論(こうどこうろん)

著名な識者が勝毎に書き下ろしコラム

 小説家、ジャーナリスト、脚本作家、批評家ら有識者が十勝毎日新聞のために書き下ろしたコラムです。政治経済、社会文化、スポーツなどの課題やトピックを独創的な視点から読み解くコーナーです。

筆者は、井上都さん(元「こまつ座」代表)、神田茜さん(講談師)、倉澤治雄さん(ジャーナリスト)、桑原裕子さん(劇団KAKUTA主宰)、小磯修二さん(北大大学院特任教授)、古賀茂明さん(元経産官僚)、鈴木一誌さん(ブックデザイナー)、外岡秀俊さん(ジャーナリスト)、辰巳芳子さん(料理家)、牧野伊三夫さん(画家)、町田康さん(小説家)、マッド・アマノさん(パロディスト)、藻谷浩介さん(日本総研主席研究員)。

講演するマッド・アマノさん

講演するマッド・アマノさん

畜産大との包括連携調印式(左から林社長、奥田潔学長)

札幌医科大学、帯広畜産大学との包括連携

産学連携で最新研究成果を還元

 大学の最新研究や教員の知見を広く住民に紙面を通して還元し、産学連携による地域の発展・振興につなげようと、2つの大学と個別に包括連携しています。札幌医科大学とは2014年5月に締結し、保健・医療・福祉の向上に向けた健康セミナーを開催しています。運動とミルクの深イイ関係-筋力アップで健康増進」や「なぜ聞こえは悪くなるのか~難聴のメカニズムと新しい治療」などのテーマで関心を集めています。2016年8月には帯広畜産大学と調印し、人材育成を目的とする支援やノーベル化学賞受賞の教授を招いた講演会の開催に取り組んでいます。

札幌医科大学医学部耳鼻咽喉科学講座教授、氷見徹夫医師の講演会

札幌医科大学医学部耳鼻咽喉科学講座教授、氷見徹夫医師の講演会

NPO十勝文化会議

絵画や書道など熱心な部会活動

 芸術文化を愛する人々が集い、十勝の文化を発信するために設立された十勝初の民間文化団体です。写真、絵画、文芸、郷土史、書道など13部会に260人の会員が所属し、意欲的な活動に取り組んでいます。総合文化祭「とかち文化まつり」をはじめ、児童生徒俳句大会、全十勝写真公募展、郷土研究誌「トカプチ」発刊など各種事業を展開し、地域文化の振興に貢献しています。

多数の作品を展示する「とかち文化まつり」会場

多数の作品を展示する「とかち文化まつり」会場

かちまいサロン

市民の文化展示に開放

 地域文化の振興を願って1982年、地場百貨店・藤丸7階に開設、2016年8月にリニューアルしました。絵画や写真、書道、工芸品の展示発表の場として開放、週替わりでギャラリーやイベントスペースとして利用されています。コンサートチケットの販売など文化情報の発信に加え、インターネットの十勝毎日新聞電子版をモニターにディスプレイし、地域情報も提供しています。

勝毎サロンで行われた報道写真展「感動をありがとう! 十勝のアスリートたち」の様子

勝毎サロンで行われた報道写真展「感動をありがとう! 十勝のアスリートたち」の様子

かちまいアカデミー

充実のカルチャー教室

 教養や趣味、美容、料理など約170の講座を展開。入会金不要のプチレッスンから本格的な定期講座まで「学べる場」を提供しています。長崎屋4階に位置し、JR帯広駅南側という立地の良さから世代を超えた交流も生まれています。

フラダンスなど充実の講座

フラダンスなど充実の講座

ぴぴっとお手伝いサービスとライフサポート

シニア世代の困りごとを手助け
プロの手でかゆいところに手が届くサービス

 販売店では、2016年から60歳以上の読者を対象とする「ぴぴっとお手伝いサービス」を開始。電球の交換や家具の移動などシニアの生活の支援を行い、地域の読者とのつながりを深めています。2017年にはハウスクリーニング事業「かちまいライフサポート」を始め、研修を積んだスタッフがプロの技で仕上げます。販売店という読者と近い立場だからこそ安心して任せてもらえる、そんなサービスを目指しています。