WEB TOKACHI KACHIMAI

クリプトン・フューチャー・メディア様との連携事業について

ニュースリリース
報道関係各位

十勝毎日新聞社創刊100周年記念事業
クリプトン・フューチャー・メディア様との連携事業について

2018年9月28日
十勝毎日新聞社

 十勝毎日新聞社(本社・帯広市東1条南8丁目、代表取締役社長・林浩史)は1919年(大正8年)、「郷土の発展とともに」を社是に新聞発行を開始、来年2019年9月に創刊100周年を迎えます。これを機に、初心に立ち返り、主産業である農業振興や地域の発展により一層取り組みます。 周年事業の一環として、北海道札幌市から地方創生に取り組みをされているクリプトン・フューチャー・メディア様(本社・札幌市中央区北3条西4丁目1-1、代表取締役・伊藤博之)とともに、十勝を盛り上げる取り組みを連携して行うこととなりました。

連携事業
1)北海道を応援するキャラクター「雪ミク」の描き下ろし
  十勝の主産業である農業を応援するため、「豊穣の女神」をテーマに「雪ミク」のイラストを描き下ろします。
  イラストお披露目とオリジナルグッズの販売を10月7日(日)〜8日(月祝)に帯広市内で開催される「十勝コスプレ解放区」(https://tokachi-cosplay.jp/)の初日に実施します。
  ◆描き下ろしお披露目イベント
   日時:10月7日(日)13:00~8日(月・祝)13:00~
場所:十勝コスプレ解放区本部(帯広市西3条南2丁目永祥寺内メーンステージ)

2)農業関係者、クリエイターを集めたサミットの共催
  2019年、十勝の主産業である農業をテーマに農業関係者、クリエイターを集めたサミットを共催します。AI、IoTなどのテクノロジーとアイデアを繋ぎ合わせ、未来の農業の形を探ります。*詳細決定次第、別途お知らせします。


「雪ミク」とは
https://snowmiku.com

「雪ミク」は、北海道を応援するキャラクターです。2010年の『さっぽろ雪まつり』で"真っ白い「初音ミク」の雪像"を作ったことをきっかけに誕生し、それ以来「雪ミク」が主役のフェスティバル『SNOW MIKU』が毎年北海道で開催されています。「雪ミク」に着せる衣装デザインは、毎年様々なテーマに沿ってインターネット上で広く募集したものとなっており、クリエイターの皆さんとともに北海道を応援しています。


「初音ミク」とは
https://piapro.net

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。


◆上記に関するお問い合わせ先
十勝毎日新聞社(担当:社長室/草野)
北海道帯広市東1条南8丁目2 0155-22-2121