HOME 十勝毎日新聞社ニュース 冬本番! サホロスキー場オープン 新得
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

冬本番! サホロスキー場オープン 新得

  • 2017年12月2日 13時52分

 管内スキー場のトップを切って、サホロリゾートスキー場(新得町狩勝高原)が2日、今季の営業を始めた。パウダースノーの純白のゲレンデで、道内外や海外からのスキー客が思い思いのシュプールを描き、初滑りを楽しんだ。

雪の感触を確かめるように初滑りを楽しむスキー客

 11月25日に人工降雪機1台を稼働させ、全長670メートルの1コースを整備した。今月中旬ごろには、全21コースが滑走可能になる予定。今季は来年4月15日までで、例年より1週間営業を延長する。

 この日は、近くのクラブメッド北海道に宿泊する外国人観光客らでにぎわい、待ちわびたスキー客がオープンと同時にリフトに乗り込んだ。早速シーズンの通し券を購入したという鹿追町の大西光さん(84)は「雪質が良い。今年もできる限り通いたい」と笑顔を見せた。

 スキー場を運営する加森観光事業部の岩瀬国博支配人は「シーズン序盤から良い雪が降り、最高の状態でオープンできた」と話している。15日までの営業時間は午前9時~午後4時。

 2日は競技者向けとして、ぬかびら源泉郷スキー場(上士幌)もオープンした。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み