HOME 十勝毎日新聞社ニュース キタイイズナ1匹仲間入り おびひろ動物園で道内唯一
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

キタイイズナ1匹仲間入り おびひろ動物園で道内唯一

  • 2017年12月1日 14時12分

小さな体と素早い動きが特徴的なイイズナ

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)に、キタイイズナ1匹が仲間入りした。国内でイイズナを飼育している動物園は珍しく、道内では同園が唯一。ヘビ・カメ舎で飼育し、2日からの冬季開園で人気者になりそうだ。

 イイズナはイタチの仲間で、哺乳類では世界最小の肉食獣と言われる。北海道にはキタイイズナ、本州北部にはニホンイイズナがすむ。主にネズミを捕食し、時には自分より体の大きい鳥やウサギを襲うこともあるという。

 同園のイイズナは、9月に弱っているところを保護された。今年生まれた個体とみられ、性別はおそらく雄。体長約20センチ、体重68グラムで、ケージ内を素早く動き回っている。長めの胴と短い尻尾も特徴の一つだ。

 愛称は「えりまき」。現在は首元からおなかの部分が白く、他の部分は茶色だが、冬場は真っ白な毛になるという。同園の獣医師杉本美紀さんは「身近にいる動物だが、見たことがない人は多いと思う。ぜひ見てイイズナを知っていただけたら」と話している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み