HOME 十勝毎日新聞社ニュース 30年 節目の熱演 帯広児童劇団
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

30年 節目の熱演 帯広児童劇団

  • 2017年11月26日 13時40分

笑いあり涙ありの舞台を披露した子どもたち

 帯広児童劇団の創立30周年記念公演「ミュージカル 幸せ通り花屋の街角右曲ル」が25、26の両日、帯広市民文化ホールで開かれた。初日は約450人が訪れ、節目を彩る子どもたちの熱演を楽しんだ。

 同劇団は1988年に帯広市児童会館演劇クラブとして発足。毎年秋に公演を行っている。第32回公演となった今回は、小学2年生から高校3年生までの約20人が出演した。

 「幸せ通り-」は、孤児院育ちから億万長者の会社経営者となったが、宇宙人の化けていた役員の裏切りにあい、一文無しになった男が主人公。再会した孤児院時代の友達と、「幸せ通り-」が住所とされるある場所を目指す。出演の子どもたちは、目の見えないヒロイン、侵略者ながらどこか憎めないキャラクターの宇宙人など個性豊かな登場人物を演じきり、来場者から惜しみない拍手を受けた。

 芽室町から家族と一緒に訪れた女子児童は「出演者の感情のこもった演技が良かった」と話していた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み