HOME 十勝毎日新聞社ニュース 宇宙観光の可能性探る JTB関係者らツアー 大樹
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

宇宙観光の可能性探る JTB関係者らツアー 大樹

  • 2017年11月17日 13時50分

IST本社でエンジニアの植松さん(右)から説明を受けるモニター

 JTB北海道(札幌)が16、17日に町内で、宇宙の取り組みを生かした観光の可能性を探るモニターツアーを実施した。道内外向けのメディアやJTBグループの旅行関係者8人が参加した。

 同社は町と昨年度から3カ年で、「宇宙のまちづくり」を中心とした観光戦略策定に取り組んでいる。ツアーは同社が修学旅行や企業研修の場として売り出す目的で、来年度からの商品化を目指している。

 17日は午前中、町内でロケット開発を行うベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST)の本社・工場を見学。エンジニアの植松千春さんから「宇宙に低コストで物を運べるスーパーカブ(小型オートバイ)を目指している」などと説明を受けた。

 16日は町多目的航空公園で全地球測位システム(GPS)による自動運転トラクターに試乗。町職員から30年にわたる宇宙の取り組みを聞き、日没後は滑走路に寝転んで満天の星を観察した。

 町内の晩成温泉で行われた意見交換では、JTB北海道帯広支店の森下勉支店長は「単体では面白いが、つながりが弱い。GPSが宇宙となぜ関連しているかなどストーリー化していかなければ」と話した。

 参加したモニターは「ISTの開発、打ち上げの映像に感動した」「先進農業と宇宙の関わりが興味深い」「宇宙の切り口は大樹でしかできない」などと意見を出し合った。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み