HOME 十勝毎日新聞社ニュース 白樺学園高に応援歌 帯広出身の彩木雅夫さん作曲
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

白樺学園高に応援歌 帯広出身の彩木雅夫さん作曲

  • 2017年11月7日 13時55分

応援歌を作曲した(左から)彩木さんと嶋野校長

 白樺学園高校(嶋野幸也校長、生徒440人)は、創立60周年を記念して新たに学校の応援歌を制作した。作曲は帯広市出身で「長崎は今日も雨だった」など数多くの名曲を手掛けた彩木雅夫さん(84)=札幌市在住。6日に同校で行われた記念式典の全校合唱でお披露目し、今後も野球部の全校応援などさまざまな機会に歌い継いでいく方針だ。

 歌のタイトルは「夢を叶(かな)えよ!TEAM SHIRAKABA」。作成のきっかけは、学園の前理事長の故長原清起(きよかつ)さんと彩木さんが帯広柏葉高時代の同級生だったこと。

 1996年に現在の校舎が完成した際に彩木さんが学校を訪れ、長原さんからいつか同校のために作曲してほしいという話があったという。

 60周年記念の節目に向けて新応援歌を実現させようと、昨春本格的に始動。作詞は嶋野校長が担当し、歌詞に合わせて彩木さんが作曲した。

吹奏楽部の演奏に合わせて新応援歌を合唱する生徒たち

 彩木さんはこれまでに歌詞に合わせて曲を作ることはなく、故阿久悠さんや千家和也さんなどの作詞家も曲に合わせて作詞していた。しかし、嶋野校長の作詞が「とても良かった」(彩木さん)ことから、初めて歌詞に曲を付ける形で作曲。約半年かけて完成させ、キャッチーで明るい歌に仕上げた。

 完成した曲は同校卒業生で、「NHKのど自慢チャンピオン大会2017」でグランドチャンピオンに輝いた大場悠平さん(20)=帯広市=が歌唱しCDに収録した。コーラスはシンガー・ソングライターの山本紗綺さんが務め、2人の歌を基に生徒が練習。記念式典でお披露目した。

 式典では、サビの「心を一つに我ら皆 声高らかに応援す 夢を夢を叶えよ」など、吹奏楽部の演奏に合わせて全校生徒が声高らかに合唱。この日は彩木さんも来賓として出席し、「歌詞は君たちにぴったり。これからも歌い継いでいってほしい」と呼び掛けた。

 式典後、嶋野校長は「感無量です」とし、「歌詞の『心をひとつに』『チーム白樺』はスポーツに限定されたものではない。困っていたら助け合い、全員で夢をかなえてほしい」と話していた。

※電子版で曲が聴けます。

<彩木雅夫(さいき・まさお)>
 本名・新居一芳。「なみだの操」「港の五番町」など多くの名曲を世に送り出した。2010年代からは「まさP」名義でボーカロイドを使った作品をニコニコ動画に投稿。今回の応援歌も初音ミクの歌声で制作した。彩木雅夫feat.初音ミクのアルバム第2弾を制作中。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み