HOME 十勝毎日新聞社ニュース 大ぶり ナガイモ解禁 「十勝川西」収穫
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

大ぶり ナガイモ解禁 「十勝川西」収穫

  • 2017年11月1日 13時51分

土から掘り出される十勝川西長いも(帯広市川西町で)

 十勝管内9JAで生産する「十勝川西長いも」の収穫が1日、始まった。

 2017年産のナガイモは265戸、541ヘクタールの畑で栽培され、通年出荷される。収穫は品質をそろえるため、解禁日を設けて行われている。

 帯広市川西町の大塚知輝さん(38)の畑では1.5ヘクタールで栽培。午前10時ごろから作業を始め、重機で作った深さ1メートルほどの溝から、埋まっているナガイモを掘り出した。大塚さんは「大ぶりで形が良い。甘みもあっておいしいナガイモを皆さんに出せる」と話していた。

 秋には全体の55%を収穫し、残りは越冬させて来年の春に掘る。秋の収穫作業は11月中ごろまでを予定している。全国各地に出荷されるほか、アメリカ、シンガポール、台湾にも輸出される。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み