HOME 十勝毎日新聞社ニュース 日美展で秀作受賞 本別の北谷さん 町文化祭に展示
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

日美展で秀作受賞 本別の北谷さん 町文化祭に展示

  • 2017年10月31日 13時47分

日美展で秀作に輝いた油彩「命の木」と北谷さん

 油彩を楽しむ「本別一画会」の会員で元町収入役の北谷昇治さん(80)が、今年の全国公募日美展(公益財団法人国際文化カレッジ主催)の絵画部門で秀作を受賞し、11月1日に開幕する町文化祭(中央公民館、3日まで)に受賞作「命の木」を展示する。北谷さんは「命の感動を多くの人に見てもらえれば」と話している。

 日美展は今年から、それぞれ別に実施してきた絵画展と水墨画展を統合し、部門化して開催した。絵画部門は油絵や水彩画、デッサン、パステルなど8部で構成され、計1563点の応募があった。うち秀作は228点。

 北谷さんは、毎年のように出品。2011年の部門統合前の日美展では、札幌のヨサコイチームを描いた作品で秀作に輝いており、今回は2回目の栄誉となる。

 油彩「命の木」は30号の大作。北谷さんが3年ほど前、胎児の生命を支える母親の胎盤などを解説したNHK番組「人体ミクロの大冒険」に感銘を受け、その構造を大木として表現した作品。血管のような木の枝を伝い、隅々まで栄養が行き渡る様子とも取れる神秘的な構図だ。

 今年4月の日美展出品に向け、3、4カ月かけて制作、6月に秀作の受賞通知があった。

 北谷さんは「若いころから描きたいと思っていたが、仕事も忙しく、本格的にやり始めたのは定年後、独学ですけどね」と話す。自宅にアトリエを構え、一画会の会員としても活動。今年80歳になるが、なお精力的に描き続けている。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
19日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み