HOME 十勝毎日新聞社ニュース かいこちゃん繭に 帯広緑丘小
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

かいこちゃん繭に 帯広緑丘小

  • 2017年10月26日 13時52分

 帯広緑丘小学校(西保俊太郎校長)の4年2組がカイコの飼育に取り組んでいる。寒さに弱く、道内の学校での飼育は珍しい。児童は「かいこちゃん」と愛情を込めて育て、養蚕や生き物への理解を深めている。

カイコを育てる児童。「かわいい」と愛情たっぷりに成長を見守る

 「なかなかできない養蚕・糸巻きの体験をさせてあげたい」(担任の齊藤真美教諭)と、岐阜県から卵50個を購入。9月中旬ごろにふ化し始め、生き物係の児童を中心に餌やりなどの世話をしてきた。

 児童は本などで熱心に調べ、黄色が好きらしいという情報から、黄色の紙でカイコの“おうち”も制作した。この部屋を中心に繭を作り始め、今はほぼ全匹が繭に。

 児童たちは「触るとおまんじゅうみたいにスベスベで、すごくかわいい」と成長を見守る。

 さなぎは間もなく成虫になる見通し。数匹をかえした後、繭を煮て糸巻き体験をする予定。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み