HOME 十勝毎日新聞社ニュース 日勝峠再開は28日 全線対面通行で
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

日勝峠再開は28日 全線対面通行で

  • 2017年10月25日 13時50分

清水側8合目の切り土崩壊現場の復旧状況(道開発局提供)

 道開発局は24日、国道274号日勝峠の通行止めについて、28日午後1時に解除すると正式発表した。昨年の台風被害で大きな被害を受けた日勝峠は、約1年2カ月ぶりに上下とも全線対面通行で再開する。

 日勝峠の通行止め区間は日高管内日高町千栄-清水町清水の延長36.1キロ。被害は道路欠損、橋や覆道の損傷など計66カ所に及んだ。

 道開発局は被災後から、今年秋の開通を目標に復旧工事を進め、上空から被害状況を把握するドローン(小型無人飛行機)や3次元レーザープロファイラーなどのICT(情報通信技術)を道内の災害現場で初めて導入。被災箇所の状況や起伏を正確に図面に起こし、盛り土や切り土の工事を行った結果、これまで200日かかっていた工期が30日に短縮した。濃霧の際にも監視員を配置せずに作業を進めることができ、ICTによって全般的に効率化が図られたとしている。

 全線開通について、和泉晶裕局長は「日勝峠は道央と道東を結ぶ大動脈。多くの輸送トラックが通過するため、未曽有の災害は北海道の社会経済に大きな影響を与えた。北海道の道路ネットワークの脆弱(ぜいじゃく)性が露呈したと実感する。改めてネットワーク整備が重要だ」と述べた。

 再開に伴い、気象観測装置を3基から4基に、カメラ(CCTV)を25基から27基に、積雪計を3基から6基に増設し、監視体制を強化する。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み