HOME 十勝毎日新聞社ニュース 紅葉に雪 ぬかびら0.2度
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

紅葉に雪 ぬかびら0.2度

  • 2017年10月12日 13時51分

鮮やかに色づいたカエデの葉に積もった雨交じりの雪(上士幌町ぬかびら源泉郷で)

 十勝地方は12日も寒気の影響が続き、上士幌町ぬかびら源泉郷では朝の最低気温が0.2度まで冷え込んだ。冬の足音が近づく中、同日午前の三国峠(同町)は雪景色に包まれ、紅葉と雪が共演した。

 帯広測候所によると、12日朝の最低気温は他に、中札内村上札内と新得各3.1度、上士幌3.5度など。三国峠は数センチの雪が積もり、国道を管理する帯広開発建設部は未明に除雪車を出動させた。同部は、峠を通行する場合は冬タイヤの装着を呼び掛けている。

 11日の十勝地方は平年より強い寒気が入り、冷たい東風や雨が降った影響で気温は上がらなかった。帯広の最高気温は9.7度と今季初めて10度を下回った。平年より7.1度低く、11月上旬並みの気温。最高気温が18.7度だった10日から、寒暖差が大きくなった。

 13日は天気が回復し、帯広は晴れの予報。予想最高気温は14度。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
18日の十勝の天気
最高気温
-2℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み