HOME 十勝毎日新聞社ニュース 赤ちゃん誕生分かりやすく 慶愛病院 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

赤ちゃん誕生分かりやすく 慶愛病院 帯広

  • 2017年10月11日 13時50分

 妊娠や分娩(ぶんべん)に関する正しい情報を伝える、慶愛病院(帯広市東3南9、真井康博院長)内の「分娩館」がリニューアルオープンした。1996年9月の開設以来の展示内容を見直し、産後ケアの紹介や、胎児の様子などの映像と音声を追加し、見学者により分かりやすくした。

リニューアルした分娩館と真井院長


 分娩館は同病院待合室に隣接する形で設置。赤ちゃん誕生の基礎的な知識を伝え、妊婦が少しでも安心してお産に臨めるようにしている。今回のリニューアルでは「ママとベビーの出産物語」をテーマに、最先端の情報を盛り込み、妊娠から出産、産後のケア体制までを13段階に分けて図表などで紹介している。

 展示の目玉は、オリジナルの動画を制作した「分娩館シアター」の更新。モニター画面を使い、おなかの赤ちゃんの様子や分娩に至るまでの流れを映像で紹介するほか、産声や胎児の心拍の音声が聞ける。出産後の不安軽減のサポートを担う、産後ケアの取り組みも伝えている。

 6日にリニューアルオープン。真井院長は「正しい知識を理解して良い分娩につなげられれば。(ここで得た知識を基に)生まれたことを物語のように子どもに伝えてほしい」と話している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み