HOME 十勝毎日新聞社ニュース エージシュート122回 ゴルフで達成 音更・幕別
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

エージシュート122回 ゴルフで達成 音更・幕別

  • 2017年10月3日 13時54分

 シニアゴルファーとしてプレーを楽しむ高田常夫さん(80)=音更町新通6=の「エージシュート100回記念ゴルフ大会」が2日、幕別町内の帯広国際カントリークラブで開かれた。気心の知れたゴルフ仲間らと一緒にラウンドした高田さんは「仲間がいたからこその記録。これからは健康第一で、楽しみながらプレーしたい」と話した。関係者によると、エージシュートの100回達成は、十勝のゴルフ界では珍しい。

力強いショットを放つ高田さん(帯広国際カントリークラブで)

 高田さんがゴルフに出合ったのは49歳のとき。当時勤めていた音更農業共済組合の職員研修で、町内のゴルフセンターで打ちっぱなしに参加したのがきっかけだった。

 高校時代は野球に打ち込んだ高田さんは「止まっているボールを打つのはわけない」と高をくくっていたが、さっぱり当たらない。これで高田さんのゴルフ熱に火がついた。

 1997年に退職後、本格的にプレーに熱中。生来の運動神経の良さから、めきめき実力を伸ばし、70歳の2007年7月8日、札内川ゴルフ場で初のエージシュート(スコア70)を達成した。

 以来、管内各地のゴルフ場でエージシュートを繰り返し、くしくもちょうど10年後の今年7月8日、帯広国際カントリークラブで100回(スコア77)を達成した。その後もプレーするたびにエージシュートを連発。今月1日の上士幌カントリークラブで122回に記録を伸ばした。

100回記念コンペの入賞者に景品を手渡す高田さん(左)

 これまで、管内ゴルフ場のシニア大会で優勝するなど、実力は折り紙付き。現在のハンディは8.2。65歳のときの3.8が最高で、以来シングルの実力をキープしている。音更中央連合町内会長に就く中、年間120日はラウンドする。

 2日の大会には、管内からゴルフ仲間39人が集まりプレー。高田さんは「いいときは何をやってもうまくいくが、だめなときは全てがだめになる。奧が深いスポーツだが、その分やりがいがある。上手な仲間とのプレーも刺激になった」と振り返る。

 帯広国際カントリークラブの柴田和則支配人は「十勝を代表するシニアゴルファー。これからも元気でプレーしてほしい」とエールを送っている。

<エージシュート>
 ゴルフの1ラウンド(18ホール)を自分の年齢よりも少ない打数で回ること。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
5℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み