HOME 十勝毎日新聞社ニュース 変わらぬ味 愛され40年 帯広の「喫茶木かげ」
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

変わらぬ味 愛され40年 帯広の「喫茶木かげ」

  • 2017年10月2日 13時46分

「これからも地域の人に愛される喫茶店でありたい」と話す高橋社長

 帯広市内の「喫茶木かげ」(東2南26、高橋延忠社長)が8月末、創業40周年を迎えた。同じ場所でこれだけ長く続く喫茶店は市内でも珍しく、「いつでも立ち寄り、落ち着いてゆっくりと過ごしてもらいたい」(高橋社長)という変わらぬ思いが、来店客に喜ばれている。

 岐阜県出身の高橋社長(89)は、喫茶店文化が盛んな名古屋にたびたび足を運び、喫茶店開業を夢見ていた。65年前に仕事の関係で帯広に移り住み、衣料品製造販売店に勤務。来店客から「(隣に)喫茶店があったら」と言われたのを契機に、隣接の売り家を1970年に購入。77年に念願の喫茶店をオープンした。

 「ゆっくりしていってほしい」(高橋社長)との思いから、椅子はソファにこだわった。毎朝8時の開店と同時に約50席の半分ほどが埋まり、新聞を読みながらモーニングセットを楽しむ来店客でにぎわう。

 さまざまなニーズに応えるため、従業員から新しいアイデアを募るなど工夫を凝らし、メニューは年々増える。現在、32種類の料理と42種類の飲み物メニューを提供している。

 一方、創業以来変わらない味も大切にする。鶏肉やゴボウなど約10種類が入った混ぜご飯に、野菜サラダや目玉焼きが付く「木かげセット」(1000円)は高橋社長思い出の一品で、「昔、別の喫茶店で熱々のナポリタンの上に目玉焼きが載って出てきたとき思った豪華さを再現したかった」という。

 「1975年ごろ、ブームで市内に300軒ほどあった喫茶店も、最近は数が減ってしまった」と時代の変化を感じるという高橋社長。一方で「これからも変わらぬ味を大切に、地域の人に愛され続ける喫茶店にしていきたい」と話している。

 営業時間は午前8時~午後6時。年末年始以外は無休。問い合わせは同店(0155・26・2399)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
18日の十勝の天気
最高気温
-2℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み