HOME 十勝毎日新聞社ニュース ピザ作り体験 生地から楽しく 帯広柏小
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

ピザ作り体験 生地から楽しく 帯広柏小

  • 2017年9月27日 13時47分

石窯で焼き上がったピザに笑顔の児童

 帯広柏小学校(大場渉校長)は27日、5年生を対象に「とかちの食 ピザ作り体験教室」を同校で開いた。同校卒業生でパン製造販売・満寿屋商店(帯広)の杉山雅則社長を講師に招き、子どもたちが十勝の食材に理解を深めた。

 市内各学校が取り組む地域の特色ある教育活動の一環。同校コミュニティーホールを会場に、5年生67人が参加した。

 最初に、十勝産小麦「キタノカオリ」「きたほなみ」「春よ恋」を使ったピザの生地作り。児童らは器用に生地を延ばし、学校菜園で収穫したトマトやカボチャなどをトッピングした。十勝産チーズを載せて石窯で焼き、出来たてのピザを笑顔で頬張った。

 女子児童は「トマトやカボチャが甘くておいしい。うまく焼けた」と笑顔を見せた。

 十勝の食材を味わった後、杉山社長が「夢をかなえるために」と題して講演。十勝の農業や地産地消、自身の経営ビジョンなどを話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
5℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み