HOME 十勝毎日新聞社ニュース 士幌高 世界認証を取得 生産管理のGGAP
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

士幌高 世界認証を取得 生産管理のGGAP

  • 2017年9月26日 13時43分

GGAP認証を受けた同校の畑で認定証を持つ有機農業専攻班の(左から)中野班長、川端隆人さん

 士幌高校(近江勉校長、生徒148人)は同校で栽培するニンニクで、国際的な農業生産工程管理の「グローバルGAP」(GGAP)の認証を受けた。高校では青森県五所川原農林高校に次いで国内2例目、道内では初となる。認証は8月30日付。士幌高校では、2020年の東京五輪・パラリンピックで生産した食材を提供することを目標としている。

 町の打診を受け、同校アグリビジネス科の生徒が、4月にGGAPの講習会を開いたことがきっかけ。

 講習会では認証取得への現状の課題などが示され、7月の審査に向けて有機農業専攻班(中野直哉班長、11人)を中心に、指摘を受けた点を改善してきた。認証機関の審査員が同校を訪れ、約200項目のチェックリストに沿って農場や関係書類をチェックし、1カ月後に認証を受けた。

 中野班長は「道内初で認証を受けることができてうれしい。東京五輪に向け士幌高校の野菜をPRしていきたい」、大和田愛教諭は「今後もGGAPの認証を受ける品目も増やしていき、来年度は生徒主体で取り組んでいきたい」と話している。20日にはニンジンでの審査も受け、2カ月ほどで認証される見通し。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
18日の十勝の天気
最高気温
-2℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み