HOME 十勝毎日新聞社ニュース 「原料供給 問題なし」 カルビーポテトチップス 十勝
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

「原料供給 問題なし」 カルビーポテトチップス 十勝

  • 2017年9月21日 13時50分

掘ったジャガイモを手にする契約栽培農家の後藤さん

 カルビー(東京)と原料調達を担う子会社のカルビーポテト(芽室)は20日、十勝管内のジャガイモ畑や貯蔵施設を報道陣に公開した。昨夏の台風で主産地の管内が被害を受け、ポテトチップスの原料になるジャガイモが不足。今春は販売を中止、休止する商品が相次いだが、収穫期後半を迎えた今年の収量について「供給に問題ない」と強調した。

 カルビーポテトが年間に仕入れる国産ジャガイモは約28万トン。8割が道産で、うち十勝産は4割を占める最大生産地。管内は8~10月が収穫期で、作業は後半を迎えている。同社によると、ここまで仕入れは順調で、計画通り進んでいる。

 帯広市岩内町の後藤淳志さん(47)の畑は収穫作業の最盛期。管内に約600戸ある契約栽培農家の1人の後藤さんによると、昨年のような品質低下もなく、収量は例年の1割増を見込む。後藤さんは「新しい品種に切り替えているが、収量は良く今年は豊作と言える出来」と笑顔だった。JA帯広かわにし貯蔵庫では、ジャガイモの状態や商品の用途に合わせ温度や湿度などをコンピューター管理する最新の施設が公開された。

 昨年産の原料不足の影響を大きく受けた同社は、十勝を主産地としながら道内他地域でも栽培面積の拡大を図り、天候リスクに対応する考え。病気に抵抗力のある品種の研究や省力化が可能な機械の導入などで、安定した原料の供給体制を後押しする。同社の中村一浩社長は「消費者の皆さんには『ポテチショック』でご心配をかけたが、今年はジャガイモはしっかり供給できる。国産ジャガイモの確保に努めていきたい」と話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
5℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み