HOME 十勝毎日新聞社ニュース 台風で飼料コーン倒伏 十勝
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

台風で飼料コーン倒伏 十勝

  • 2017年9月20日 13時45分

強風の影響で倒伏被害が出ている飼料用トウモロコシ畑(更別村内で)

 18日に北海道に上陸した台風18号による大雨と強風は、管内の農業や漁業に被害を与えた。農業では収穫期を迎えた飼料用トウモロコシのデントコーンが強風で倒伏し、各地で畑の冠水が発生。漁業は秋サケ漁の定置網が破損し、不漁に追い打ちをかけている。

 道の19日時点の発表では、管内の農業被害の報告は足寄町のデントコーンの倒伏と牧草地の冠水と土砂流入だけだが、今後は管内の各地に広がるとみられる。十勝総合振興局は「被害はデントコーンの倒伏が中心で管内の全域にわたりそう」とする。

 デントコーンは例年9月中旬から収穫期に入るが、強風で幹が傾いたり折れたりした。倒伏しても収穫はできるが、時間がかかりロスが出るほか、土が付くと飼料の品質に影響が出る。

 酪農地帯の大樹町では18日昼から夜にかけて、台風通過後の吹き返しの風で、多くのデントコーンが倒された。JA大樹町によると、作付け1800ヘクタールのうち7割が倒伏。同JAは「早めに刈り取った畑もあるが、8月の低温の影響で多くは20日ごろから本格化するところだった。あと10日遅ければ被害は少なかったが」と残念がった。昨夏の台風でもデントコーンは被害を受けていて、今年の生育が順調だっただけに農家もショックを受けている。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
13日の十勝の天気
最高気温
0℃
最低気温
-8℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み