HOME 十勝毎日新聞社ニュース 馬耕 力強く 帯広啓西小児童が見学
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

馬耕 力強く 帯広啓西小児童が見学

  • 2017年9月20日 13時44分

 馬を用いて田畑を耕す農法「馬耕」が19日、帯広競馬場内の農園で行われた。帯広啓西小学校(小林寛佳校長)の3年生68人が見学し、力強く農具を引く姿に歓声を上げた。

啓西小の児童らの前で実演される馬耕


 同小3年生は「NPOとかち馬文化を支える会」の協力の下、校区内にある帯広競馬場を拠点に馬文化を学んでいる。

 馬耕は開拓期から1960年代にかけて盛んだった。かつての技術者も高齢化する中、「NPOとかち馬文化を支える会」が次世代に受け継いでいこうと、2015年に同小児童を対象に初めて実施。昨夏は台風の影響で中止となり、2年ぶりに行われた。

 この日は児童が育てたジャガイモなどを収穫した後の畑で、幕別町の蛭川徹さん、千鶴子さん夫妻が所有する「桃姫」(7歳)が畑を耕した。

 桃姫に付けた「プラウ」と呼ばれるすきを徹さんが支え、まっすぐに耕せるようリード。力強く、あっという間に掘り起こされていく様子を間近で児童が見守った。

 児童の小椋さんは「蛭川さんと桃姫の息が合っていて、友達みたいだった。掘り起こされた溝が深くて驚いた」と話していた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
18日の十勝の天気
最高気温
12℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み