HOME 十勝毎日新聞社ニュース 十勝路を疾走 ラリー北海道開幕
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

十勝路を疾走 ラリー北海道開幕

  • 2017年9月16日 13時41分

陸別SS2コースを駆け抜けるG・ギル選手のシュコダファビアR5

 国際ラリー「ラリー北海道2017」(アジアパシフィックラリー選手権=APRC=第5戦、全日本ラリー選手権第7戦、ジャパンスーパーラリーシリーズ第3戦)が15日、帯広市内の北愛国・スペシャルステージ(SS)で開幕した。2日目の16日は、陸別町などにある林道のSSで競技が行われた。

 陸別の林道コース「リクベツロング」でのSS2は晴天の下、午前8時28分に始まり、山間にエンジン音が響き渡った。APRCはガウラブ・ギル選手(シュコダファビアR5)がステージトップタイムの3分28秒0をマーク。全日本では、優勝を狙う奴田原文雄選手(ADVAN-PIAAランサー)がコースアウトする波乱があった。

 ラリーカーが水しぶきを上げて疾走するウォータースプラッシュポイントには、レインコートを着てより近くで観戦できる新企画「陸別ジャパーンシャワー」を設置。札幌市から両親と訪れた男児(8)は「たくさんの水が飛んできて、洪水の雨みたいだった」と迫力ある走りを楽しんでいた。

 競技は17日まで行われる。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
5℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み