HOME 十勝毎日新聞社ニュース 美白際立つ ユリ根収穫 幕別
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

美白際立つ ユリ根収穫 幕別

  • 2017年9月13日 13時52分

一玉ごとに大きさを選別し、出荷作業が行われている野村さんの農場

 幕別町忠類地域の特産ユリ根の収穫と出荷が本格化している。大きく育った白さの際立つユリ根を、農家が丁寧に箱詰めして送り出している。

 町忠類新生の野村進さん(66)の畑では、8月下旬から収穫を始め、11月上旬まで作業が続く。

 12日もユリ根を家族や従業員ら4人で根を切ってきれいに洗い、大きさごとに選別して箱詰めした。

 関西などで和食の高級食材として使われるユリ根。昨年は台風の影響で小玉傾向だったが、野村さんは「今年の出来はまずまず。連作せずに、しっかり間を空けているので、品質で評価をいただいている」と、自信を持って出荷する。

 野村さんが組合長を務める忠類百合根耕作組合では13戸で約7ヘクタールを栽培し、全国でも有数の出荷量を誇る。収穫したユリ根はJA忠類の直売所「菜の館ベジタ」(町忠類白銀町)でも販売している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み