HOME 十勝毎日新聞社ニュース 健さんと再会 「鉄道員」ロケ協力 幾寅婦人会の2人 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

健さんと再会 「鉄道員」ロケ協力 幾寅婦人会の2人 帯広

  • 2017年9月13日 13時52分

高倉健展の特設コーナーで黄色い付箋にメッセージをつづり、掲示する(右から)佐藤さんと後藤さん

 道立帯広美術館で追悼特別展「高倉健」(11月12日まで)が開幕した12日、高倉さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」(1999年、東映)のロケにボランティアとして参加した上川管内南富良野町の「幾寅婦人会」の女性2人が展覧会場を訪れた。

 同婦人会元会長の佐藤圭子さん(78)と現会長の後藤治子さん(68)。佐藤さんはロケ以降、高倉さんとは亡くなる年まで手紙のやりとりがあったという。同町からは他に、後藤さんが会長を務める別の団体から16人が来場した。

 「鉄道員」は廃線を控えた北の小さな終着駅を舞台に、高倉さん演じる駅長のひたむきに生きる姿を描いた作品。

 ロケは99年1月16~31日の16日間、同町内の幾寅駅で行われ、当時、佐藤さんが会長だった同婦人会は他の団体と共に、高倉さんやスタッフにいも団子を作って差し入れた。

 ロケ中のある日、塩辛いいも団子を作った当時の失敗を振り返り、「高倉さんが自分たちの所まで来て、突然、顔をぐっと近づけ、『塩辛くて食べられないよ』と言ってきたのでびっくり」と佐藤さん。その後、高倉さんがテレビ局の取材に、いも団子を見せて「(団子から)気をもらっています」と話したのを見て感激したという。

 佐藤さんは以後、高倉さんが亡くなる2014年まで、新しい映画や本などの話があるたびに手紙をもらったという。「言葉でこれと言い表せぬ魅力や心遣いがある人。そんな大スターが同じ目線で話してくれたなんて、今でも信じられない」と話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
1℃
最低気温
-6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み