HOME 十勝毎日新聞社ニュース ホコテン前年超え 今期閉幕 来場11万人 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

ホコテン前年超え 今期閉幕 来場11万人 帯広

  • 2017年9月11日 13時48分

今期最終日となったホコテン会場では、恒例の紅白餅配りに長蛇の列ができた

 帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン)実行委員会(細川吉博実行委員長)は、10日に全日程が終了したオビヒロホコテンの来場者数を、約11万3000人だったと発表した。昨年(9万7000人)を約1万6000人上回った。例年に比べ、天候に恵まれたことや市民参加型事業として定着したことが主な理由。

 6月18日から9月10日までの間、帯広市内の平原通(西2条通)と広小路で日曜に開かれ、多くのイベントで来場者を楽しませた。

 最終日は十勝地区バス協会(野村文吾会長)が「バスの日」(20日)に合わせ、大型バスの展示やスタンプラリーを展開。貸し切りバスと路線バスが5台並び、家族で訪れた男子児童(8)は「初めて乗るバスもあった。かっこよかった」と話していた。

 閉会式では紅白餅1000個が配られ、来場者が列をつくった。田中敬二副市長は「帯広、十勝が元気になるイベントとしてこれからも継続してもらいたい」と話していた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み