HOME 十勝毎日新聞社ニュース 廃屋改修 田舎暮らし 東京の植野さん 新得・屈足
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

廃屋改修 田舎暮らし 東京の植野さん 新得・屈足

  • 2017年9月9日 14時09分

3年がかりで改修した家での生活を楽しむ植野さん。2階の部屋を全て取り除き吹き抜けにした

 東京在住の植野純さん(65)が、町屈足の築70年に及ぶ空き家を3年かけてリフォーム、お気に入りの家で自然豊かなセカンドライフを楽しんでいる。東京と行き来しながら年の半分以上を屈足で過ごす。「東京の生活とは対照的。今、最高の幸せを感じている」と話している。

 都内の広告代理店でコピーライターとして38年間勤めた植野さんは「現職のときは生活を楽しむ余裕はなかった」と振り返る。定年退職後、長年あこがれ続けてきた十勝平野に一軒家を求めて探し歩き、2013年1月に出合ったのが、町屈足の空き家だった。古くても上下水道などのライフラインを完備し、今でも使えることが決め手になった。

 日曜大工の経験もなかった植野さんだが、「一からコツコツゆっくり楽しみたい」と、同年7月から一人で住宅のリフォームに取り掛かった。廃屋同然の空き家だっただけに作業は難航したが、木材調達や修理方法はネットで知識を得ながら、知人にも方法を教わった。2階の部屋を全て取り除き、アーチ型の吹き抜けにして一部ロフトを造成。内部の改造には約100万円を費やし、リビングや台所、寝室、廊下の床も全て張り替えた。「断熱材もたくさん入れ、冬も暖かくて快適」と笑う。

 今年も10月末まで約7カ月間滞在し、庭仕事などを楽しんでいる。庭先にはテラスも造り「庭を眺めながら飲むコーヒーがおいしいよ」と満足そうな様子。妻の京子さん(65)も足しげく通い、新得町での生活を夫婦で楽しんでいる。町内には知り合いも増え、近所でカラオケも楽しむようになった。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
10℃
最低気温
-1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み