HOME 十勝毎日新聞社ニュース 帯広の佐々木さん連覇 とかちスイーツコンテスト
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

帯広の佐々木さん連覇 とかちスイーツコンテスト

  • 2017年8月5日 14時03分

ジャガイモと小豆を使ったスイーツを手に、2年連続の最優秀賞受賞を喜ぶ佐々木さん

 十勝産食材を使ったスイーツを考案する「とかちスイーツコンテスト」(帯広市主催)の最終審査が4日、市内のとかちプラザで開かれ、市内のパート職員佐々木夏菜子さん(36)が昨年に続き最優秀賞に輝いた。佐々木さん考案のジャガイモと小豆を使ったスイーツは、9月2、3の両日にJR帯広駅周辺で開かれる食のイベント「とかちマルシェ」で限定販売される。

 今年で3回目。明確なテーマを設けず“十勝らしさ”に重点を置いて募集し、前回より8組多い22組の応募があった。

 最終審査には書類選考を通過した9組(うち1組は辞退)が臨み、各自がそれぞれの作品を持ち寄って工夫した点などをアピール。市内のパティシエら審査員5人が試食し、味、食材、外観、十勝らしさ、商品化のしやすさを基準に採点した。

 佐々木さんの作品「ジャガ imo ポフィネ」は、芽室産のジャガイモ(キタアカリ)と音更産の小豆をふんだんに使った3層のスイーツ。作品名にあるポフィネはフランス語で入念に仕上げるという意味があり、「ジャガイモのザラザラ感が出ないよう、ジャガイモの配合量に気を配った」(佐々木さん)という。

 とかちマルシェでは単品で1日に200個(1個500円)限定販売される予定で、佐々木さんも「野菜を使ってこれだけおいしいスイーツができることに驚きを感じてほしい」とPR。将来は手作りのスイーツなどを扱うカフェを構えることも夢見ている。

 優秀賞には市内の主婦梶恵美さん(39)の「黒豆プリン~しょうゆメープルソース~」と、帯広大谷短大2年の高橋めぐみさん(40)の「大地の苺ショート」、新設の審査員賞5作品が選ばれた。審査委員長を務めた織田武司さん=Cake&Cafe ATIROオーナー=は「第1回から審査員を務めているが、徐々にレベルが高くなっている」と講評した。

 最終審査の結果は近日、市のホームページで公表する。表彰式は9月2日正午、とかちマルシェの会場で行われる。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
20日の十勝の天気
最高気温
12℃
最低気温
1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み