HOME 十勝毎日新聞社ニュース 立体地球に興味津々 音更で「ダジックアース」
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

立体地球に興味津々 音更で「ダジックアース」

  • 2017年8月5日 14時00分

 地球や惑星を球体のスクリーンに立体的に映し出す「ダジックアース」を楽しむイベントが5日午前10時から、音更町木野コミセンで開かれた。十勝管内の小学生50人が参加し、宇宙の世界に想像を膨らませた。

直径2メートルの球形のスクリーンに映し出された地球

 NPO教育支援協会北海道(本部帯広)が展開する「放課後おもしろサイエンス」の特別講座。ダジックアースの普及に取り組む京都大学理学研究科地球惑星科学輻合部から機材を借り、同NPOディレクターの白石友柄さんらが講師を務めた。

 子どもたちは直径2メートルの球体スクリーンに投影された惑星を観察。「木星はいろんな色が混ざっていた」などと発表し合った。パソコンにつないだマウスで惑星の画像を動かす体験もあり、音更柳町小4年の男子児童は「想像していた色と違った」と驚いた表情を見せた。

 午後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小野清孝さんを講師に月球儀の工作が行われた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
20日の十勝の天気
最高気温
25℃
最低気温
16℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み