HOME 十勝毎日新聞社ニュース 芽室っ子GB 全国準V 発祥70周年 節目に花
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

芽室っ子GB 全国準V 発祥70周年 節目に花

  • 2017年8月2日 13時46分

 「第22回全国ジュニアゲートボール(GB)大会」(7月29、30日・埼玉県熊谷市)で、ジュニア2部(6歳以上15歳未満)に出場した町GB少年団の選抜チーム「マチルダ」が準優勝した。GB発祥70周年の節目の年に“発祥の地”としての意地を全国に示し、選手や関係者は喜びに沸いている。

宮西町長(後列左端)に準優勝を報告したマチルダの選手たち。後列左2人目から長谷川和愛さん、三好主将、神谷鈴花さん、浅野監督。前列左から三好奈緒さん、三好夏美さん、橋本樹里さん、神谷幹太君


 マチルダの同大会出場は2013年、16年に続いて3回目。13年は3位、16年は決勝トーナメント進出も入賞はならず、三好宏樹主将(芽室中1年)は出発前、「4年前よりいい成績を持って帰ってくる」と決意を話していた。

 ジュニア2部には40チームが出場し、予選リーグと決勝トーナメントで優勝を争った。マチルダは予選3試合を全勝して決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントでは1、2回戦を制し、準決勝で昨年度3位の二戸ジュニア(岩手県)を11対9で下した。

 決勝では大潟(新潟)に15対9で敗れたものの、浅野義静監督の70歳の誕生日にチームとして過去最高の成績となる準優勝をプレゼントした。

 選手たちは1日、少年団の大野新代表、浅野監督と共に町役場を訪れ、宮西義憲町長に準優勝を報告。三好主将は神谷幹太君(芽室小5年)のスパーク打撃がチームを逆転に導いた決勝トーナメント1回戦を振り返り、「勝ちをぐんと引き寄せ、2回戦以降もその勢いで戦えた」と話した。また、「全国大会に行けたのは先生方やお父さん、お母さんのおかげ。この(感謝の)気持ちを行動に移していきたい」と語った。

 宮西町長は選手一人ひとりに大会で印象に残ったことを尋ね、「夏休みの大きな思い出になったね」とたたえた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
10℃
最低気温
6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み