HOME 十勝毎日新聞社ニュース 「帯広から再出発を」 日本ハム 杉浦投手
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

「帯広から再出発を」 日本ハム 杉浦投手

  • 2017年7月26日 13時57分

日ハム栗山監督と共に記念撮影に応じる杉浦稔大投手

 北海道日本ハムファイターズは26日午前11時半から、帯広の森研修センターで、トレードで入団した杉浦稔大(としひろ)投手(25)=国学院大、帯大谷高出=の記者会見を行った。杉浦投手は「北海道に根付いたチームの一員として、少しでも貢献できればという思いで頑張る」と抱負を語った。

 会見には、栗山英樹監督も出席。栗山監督は、パ・リーグ5位と低迷するチーム状況の立て直しを図るため「スケールの大きい先発ピッチャーをつくる」と、杉浦投手への期待を話した。また、杉浦投手が故障のため戦列を離れている現状を「体を完全に治し、準備をしっかりとして」と、慌てずに治療し、チームの一員として活躍してくれるよう望んだ。

 杉浦投手は「ヤクルト、日本ハムの両球団からチャンスをいただいたと思って前向きに頑張りたい」と話す。

 背番号は57に決定。「生まれ育った帯広で入団会見をしてくれた球団の心遣いに感謝したい。この場所から再出発を」と、杉浦投手は新天地での活躍を誓った。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
20日の十勝の天気
最高気温
25℃
最低気温
16℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み