HOME 十勝毎日新聞社ニュース 夏の海に活気 広尾コンブ漁スタート
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

夏の海に活気 広尾コンブ漁スタート

  • 2017年7月15日 13時56分

漁の解禁日にコンブを引き上げる漁業者

 夏の風物詩のコンブ漁が15日早朝、国道336号(黄金道路)沿いの海岸で始まった。100隻以上が繰り出し、力を込めて海中のコンブを引き上げている。

 今年は波や天候の状況が良く、解禁日に漁がスタートした。午前5時ごろから磯舟が沿岸に並び、漁業者はさおでコンブを引き寄せた後、手作業で船に引き上げた。付近の陸上では家族らが待ち受け、船からトラックにコンブを移し替え干し場に運んだ。

 昨年は漁期の全般にわたって天候に恵まれず、盛漁期の7~9月にほとんど出漁できなかった。漁業者は「夏にコンブ漁がないと活気がない。はしりコンブの時期に、多く漁に出られれば」と話していた。漁は10月ごろまで続く。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み