HOME 十勝毎日新聞社ニュース 帯広駅にいなりずし店 障害者支援「しんかーず」
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

帯広駅にいなりずし店 障害者支援「しんかーず」

  • 2017年7月12日 13時52分

5月にJR帯広駅構内で行ったいなりずし試験販売の様子(しんかーず提供)

 障害者の就労支援事業に取り組む帯広市内の「しんかーず」(西3南38、油谷慶一社長)は15日から、JR帯広駅構内のエスタ帯広西館で、毎週土曜日限定のいなりずし店を開く。JR北海道によると、帯広駅構内に障害者の就労支援事業所が入るのは初めて。油谷社長は「人の行き来が多い駅で接客などを経験することで、一般就労に向けたよい訓練になる。多くの方に利用してほしい」と話している。

 同社が運営する多機能型就労支援事業所「えーる」が昨年11月に市内で開業した「お弁当ファクトリー まんさいYa」(西4南18)が、いなりずしなどを販売する。同店はご飯400グラムの弁当が390円など安価で食べ応えのあるメニューが特徴。

 JR側から「空き店舗を活用してほしい」と打診があり、5月3~6日のゴールデンウイーク中に試験的にいなりずし店を営業。4日間で1000個以上が売れて好評を得たことから、まんさいYaが定休日の土曜日に週1回の本格販売を決めた。

 いなりずしには、十勝産大豆を使った中田食品(帯広市)の肉厚の油揚げを使い、「豚丼」「五目」「野沢菜」など5種類を各100円で販売。イカめし風の味付けをしたまぜご飯(400円)やサケ、昆布、エビ天、トンカツなどの具材をそろえたのり巻き6種類(各150円)も用意する。

 まんさいYaには知的や精神の障害がある4人が一般就労を目指して働いている。帯広駅では3人のスタッフが常駐し、障害のある人も接客業を担う。

 営業時間は午前8時半~午後4時。お盆時期の8月12~16日には特別営業する。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
27日の十勝の天気
最高気温
25℃
最低気温
15℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み