HOME 十勝毎日新聞社ニュース 6月30日に廃止 帯広駅パーク&トレイン南側駐車場
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

6月30日に廃止 帯広駅パーク&トレイン南側駐車場

  • 2017年6月24日 13時47分

30日でサービスを終える「帯広駅パーク&トレイン南側駐車場」

 JR特急列車の往復利用客らが使う駐車場「帯広駅パーク&トレイン」の南側駐車場が、30日にサービスを終了する。稼働して約20年たつが、稼働率は下降傾向で、今後の維持管理に投じる費用負担から廃止に至った。今後は月決め駐車場として整備される見通し。

 帯広駅パーク&トレインは、特急利用者が帯広駅近くに停車できるスペースとして、帯広駅の南側を皮切りに、中央、イースト、北側の順に整備。現在、4カ所計502台分の駐車スペースを確保している。

 このうち南側の収容台数は90台で、1996年から稼働。土地はJR北海道が所有、管理はジェイアール北海道レンタリース帯広営業店に委託している。

 利用が複数日にまたがる、数時間で終わるケースがあるなど実態をつかめないため、稼働率の正確な数値は公表されていないが、年々低下しているのが現状。満車となるケースは年に1回程度で、関係者からは「利用客の目に付きにくい位置にある」との声もある。

 JR北海道釧路支社によると、土地の所有先は変わらないが、今後、跡地を月決め駐車場として再整備する見通し。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み