HOME 十勝毎日新聞社ニュース どれも新鮮 「朝市」始まる サラダ館 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

どれも新鮮 「朝市」始まる サラダ館 帯広

  • 2017年6月18日 13時38分

新鮮野菜を買い求める人でにぎわう朝市

 農家が新鮮野菜を販売する「おはよう朝市」が18日午前7時から、帯広の森市民農園・都市農村交流センター(サラダ館)の北側ふれあい広場で始まった。初日から新鮮野菜を買い求める多くの人でにぎわった。

 今年度からサラダ館の指定管理者となる北王コンサルタント(帯広)が主催。今年で26回目で、10月29日までの毎週日曜日に行う。

 この日は10戸の農家が出店し、キャベツやアスパラ、トマトなどの野菜や苗を販売。約100人が訪れ、開始前から列をなした。上野雅由施設長は「今後、出店者を増やしてさらに盛り上げていきたい」と話していた。

 開始時間は9月まで午前7時で、10月は午前8時。問い合わせはサラダ館(0155・36・8095)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
25℃
最低気温
14℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み