HOME 十勝毎日新聞社ニュース 販売2年連続400億円超 JA士幌町
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

販売2年連続400億円超 JA士幌町

  • 2017年6月13日 13時49分

あいさつする高橋組合長

 JA士幌町(高橋正道組合長、正組合員659人)の2016年度農畜産物販売高(交付金・共済金含む)が前年度比2.4%増の435億円となり、2年連続で400億円を突破し過去最高を更新した。台風により畑作は落ち込んだが、生乳生産や牛肉販売など畜産部門で補い、全体を押し上げた。

 13日午前に町農業会館大ホールで開かれた第69回通常総会で報告された。

 畑作は春先の強風や低温、8月の台風など天候不良により小麦や豆類・コーン類が大きな被害を受けた一方、寒冷地作物のビートやジャガイモの減収は比較的少なく、10.7%減の106.2億円となった。

 酪農では天候不順の影響から劣悪な粗飼料品質が懸念されたが、生乳生産は8万9716トンに達した。牛肉は年間を通じて高価格に支えられ、取り扱い頭数も微増したことから、畜産全体では7.5%増の328.9億円に上った。

 2年連続で400億円に達したことを受け、高橋組合長は「各生産者が培ってきた基盤が生かされた結果。これからも先人の築き上げてきた歴史を受け継ぎ、さらに価値を求めて農業を発展させていきたい」と話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み