HOME 十勝毎日新聞社ニュース 「士幌」らしさあふれる道の駅 新施設オープン
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

「士幌」らしさあふれる道の駅 新施設オープン

  • 2017年4月23日 13時47分

オープンと同時に多くの来場客でにぎわう道の駅「ピア21しほろ」

 新・道の駅「ピア21しほろ」(町士幌西2線134)が23日、グランドオープンした。午後0時半に一般公開され、オープンを待ちわびた一般客が続々と訪れてレストランでの食事や買い物を楽しんだ。

 午前10時半からはオープニングセレモニーが行われ、士幌高原太鼓愛好会の演奏に続き、小林康雄町長が「新・道の駅では高い生産性の農業や士幌高校など地域の個性を発揮しながら農と食の発信に努め、十勝全体の活性化や安心・安全な地域づくりに寄与していきたい」と式辞した。

 来賓の中川郁子衆院議員、河畑俊明帯広開発建設部部長、池本柳次道議が祝辞を述べた。加納三司町議会議長の発声で牛乳で乾杯した。

 その後の祝宴では士幌高校の生徒が作ったチーズやソーセージ、カフェで販売されるフライドポテトやローストビーフが振る舞われ、町出身の演歌歌手戸川よし乃さんが歌声を披露した。

 午後0時25分すぎに施設前でテープカット。同0時半からは一般開放され、道内産のカラマツ材をふんだんに使い、牛舎をイメージした施設内を見学して楽しんだ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み