HOME 十勝毎日新聞社ニュース カラフルイースター 認知度不足? 商戦手探り 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

カラフルイースター 認知度不足? 商戦手探り 帯広

  • 2017年4月16日 13時35分

イースター関連のウサギのハンカチなどが並ぶ売り場(藤丸)

 今年は16日がキリスト教の祝日「イースター(復活祭)」。帯広市内の商業施設でも徐々に関心は広がっているが、消費者の認知度はまだ低く、手探り状態が続きそうだ。

 イエス・キリスト復活を祝うイースターは、春分後の最初の満月の次に訪れる日曜と定められている。生命や復活の象徴とされる卵をゆで、色を塗った「イースター・エッグ」を飾るなど、キリスト教圏ではクリスマスと並ぶ大切な祝日となっている。

 藤丸では昨年から、POP(販売促進広告)を掲示してイースター商戦を打ち出している。今年は店内約10カ所の売り場で、イースターに関連が深い卵、ウサギをデザインしたハンカチ(500円から)などを販売。営業企画課の野瀬洋明係長は「ハロウィーンに比べると定着は薄い。来店者の感触を確かめながら、フェア開催なども検討したい」と今後に期待する。

 拡大余地のある市場に注目したイオンは、今年初めて全国でイースタープロモーションを展開。帯広店でも、「今年は手探り状態」としつつ、イースターパーティーに適した卵料理用の食品を提案している。

 首都圏では商戦拡大を期待する声があるが、十勝の盛り上がりはいまひとつ。商戦に取り組むある店舗は「売り上げはハロウィーン商戦の1割にも満たない」と漏らす。関連商品を置いてはいるが、5月の「母の日」商戦に埋没している店も。昨年まで販売した期間限定商品を、今年は取りやめた飲食店もあった。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
16℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み