HOME 十勝毎日新聞社ニュース 春告げる花々 紫竹ガーデン営業開始 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

春告げる花々 紫竹ガーデン営業開始 帯広

  • 2017年4月15日 13時39分

入場口で来場者を迎える色鮮やかなビオラ

 帯広市内の観光名所「紫竹ガーデン」(美栄町、紫竹昭葉社長)は15日、今季の営業を開始した。ミズバショウやクロッカスが姿を現し、春の訪れを告げる庭が来場者を出迎えた。

 同ガーデンの敷地は6ヘクタールで、春から秋にかけて約2500種の植物が楽しめる。

 今年は例年より花の開花が遅れているが、それでもスノードロップやビオラなどのほか、車いす利用者も間近で草花を観賞できるよう新たに整備した「テーブルガーデン」も来場者の関心を集めた。

 市内の会社員竹渕友美子さんは「四季を感じられるのが魅力。いろいろな花に囲まれ、時間を忘れるくらい幸せな気分になる」と笑顔。

 紫竹社長は「食事やお茶もあるので、ゆったりしてもらえれば」と話した。

 営業は11月末まで(無休)。午前8時~午後6時。入場料は大人800円など。問い合わせは同ガーデン(0155・60・2377)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
16℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み