HOME 十勝毎日新聞社ニュース 河川敷 まだ危険 帯広市など注意呼び掛ける
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

河川敷 まだ危険 帯広市など注意呼び掛ける

  • 2017年4月13日 13時45分

流木や洗掘の痕が残る河川敷には、至る所に注意喚起看板が立てられている(帯広市稲田町の札内川河川敷で)

 昨夏の台風で浸水した帯広市内の河川敷で雪解けが進み、いまだ被害の痕跡が残る中で、散歩やスポーツなどを楽しむ市民の姿が見られるようになってきた。広範囲のため完全に立ち入り禁止とするのは困難で、関係者は危険箇所には近づかないよう呼び掛けている。

 市内の十勝川・札内川河川敷では、運動施設などがある緑地の大部分が浸水。地面が洗掘されたり、土砂や流木が堆積したりしている。一方で全面的に利用できないほどの被害があるわけでもないため、春になって住民が立ち入っているのが現状だ。市は「自由な利用は推奨していないが、全面的に禁止するのは難しい」(みどりの課)とする。

 河川敷運動施設の指定管理者の成井(帯広)では、地面が深くえぐられるなどして危険な箇所はロープで囲う対応を進めている。ただ、被害が広範囲にわたる上、同社の管理外の区域もあり、危険箇所を100%囲うのは容易ではない。

 同社は「堤防上からではそれほど深さがあるようには見えない穴や、不安定に堆積した流木などもある。安全のためには立ち入らないのが原則だが、利用する際には細心の注意を」と呼び掛ける。

 河川緑地の本格的な復旧工事は7月着工予定で、今年中に土砂の撤去や洗掘箇所の埋め戻しなどをした上で、芝の吹き付けを終える。芝の養生期間を経て供用開始は来年夏を予定している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
26℃
最低気温
18℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み