HOME 十勝毎日新聞社ニュース プロの技あざやか 藤丸で伝統工芸職人展 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

プロの技あざやか 藤丸で伝統工芸職人展 帯広

  • 2017年4月13日 13時42分

包丁研ぎのコーナーなどが人気を集める職人展

 全国の伝統工芸と食を集めた「伝統工芸職人展とうまいものベストセレクション」が13日、帯広市内の藤丸7階催事場で始まり、初日から多くの人が訪れている。18日まで。

 15回目となる今回は、天ぷらとかまぼこの「津久司蒲鉾」(徳島)や、「創作手編みニット」(三重)など食品24店と工芸品10店の計34店が並んだ。うち初参加は5店。

 牛革の靴などを売る「浅草コレクション」(東京)が人気を集めるほか、「源光三郎総本店」(東京)は販売に加え、研ぎ職人の城戸口隆さん(69)による包丁研ぎの実演も行う。

 包丁研ぎを依頼した音更町の主婦、谷口きよみさん(70)は「職人の方に研いでもらう前と後では切れ味が違う。毎年お願いしています」と話していた。

 催事は午前10時~午後7時(最終日は午後4時まで)。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
16℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み