HOME 十勝毎日新聞社ニュース ばんえい十勝 若駒132頭合格 第1回能力検査
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

ばんえい十勝 若駒132頭合格 第1回能力検査

  • 2017年4月10日 13時47分

大勢の生産者、馬主が見守る前で能力検査に挑んだ若駒

 ばんえい十勝は9日、帯広競馬場で2017年度デビューを目指す新馬を審査する「第1回能力検査」を行った。若駒約170頭が競走馬デビューを懸けて本走路を疾走。1分12秒4の一番時計(トップタイム)を出したホクショウテンカ号(牡2歳、岡田定一調教師)など、2歳馬131頭、4歳馬1頭の計132頭が合格した。

 能力検査では、実際のレースと同じくジョッキーが騎乗して、ばんえい重量460~480キロのそりを引いてコースを走り、タイムや調教の状況について審査を受ける。この日は管内外の生産者や馬主などが同競馬場に集まり、愛馬の挑戦を見守った。桧山管内厚沢部町から来場した馬主の山田喜美男さん(70)は「タイムも大事だが、第2障害で踏ん張れる根性のある馬にも見込みがある」とレースの行方を見守っていた。

 ホクショウテンカは第6レースに出走。他の1着馬の記録に21秒以上の差をつける快走を見せた。岡田調教師は同馬について「馬体が大きく、草ばん馬の経験からレースの勘もある」、騎乗した鈴木恵介騎手も「若くてやんちゃな部分もあるが、実力は2歳馬の中でも抜けている。障害力もある」と評価していた。

 合格馬は、新年度開幕の21日以降、順次デビューしていく予定。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
19日の十勝の天気
最高気温
11℃
最低気温
0℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み