HOME 十勝毎日新聞社ニュース ナナ56歳 雌ゾウで国内最高齢 おびひろ動物園
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

ナナ56歳 雌ゾウで国内最高齢 おびひろ動物園

  • 2017年4月6日 13時48分

アジアゾウ「ナナ」(雌、推定56歳)

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)のアジアゾウ「ナナ」(雌、推定56歳)が、国内最高齢の雌のゾウになった。

 これまで雌で最高齢だった桐生が岡動物園(群馬県)のアジアゾウ「イズミ」が4日、推定61歳で死に、ナナが雌で最長寿のゾウとなった。雄雌合わせては2番目の高齢となる。

 ナナは1961年生まれ。3歳で原産国のインドから来園した。道内でゾウを飼育しているのはおびひろ動物園のみ。

 アジアゾウの寿命は60歳前後といわれ、ナナは人間でいうと80歳以上。死んだイズミは3日までは元気だったが、4日朝に倒れているのを飼育職員が発見し、同日死んだ。同園で死因を調査している。

 現在の最高齢ゾウは多摩動物公園(東京)のアヌーラ(雄、64歳)となった。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
29日の十勝の天気
最高気温
16℃
最低気温
3℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み