HOME 十勝毎日新聞社ニュース 陸に130隻大船団 クレーン据付工事中 豊頃
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

陸に130隻大船団 クレーン据付工事中 豊頃

  • 2017年3月15日 13時55分

 豊頃町大津地区の大津漁港で、大津漁協(中村純也組合長)の所属漁船137隻のほとんどが、港内での100トン級クレーン据付工事のため、陸に揚げられ、整然と並んでいる。

クレーン建設工事のため陸にズラリと並ぶ漁船


 今回の工事は、取締船専用岸壁整備、新船溜まり整備、船揚げ場、漁船保管施設用地かさ上げ、漂流物防止など一連の大津漁港整備。道開発局帯広開発建設部が発注した「大津漁港船揚場船舶用クレーン設備製作据付工事」で、日新製作所(札幌)が施工し、昨年5月10日から今月24日の工期で工事を進めている。

 並んでいる漁船は秋サケ、ホッキ、ツブ、昆布、カレイ用など。大津在住の加納實さん(82)は「港を造った時も、漁協の建物を造った時も仕事をしていたが、これほどの数の漁船が陸に揚がっているのは、今まで見たことがない」とズラリと並ぶ漁船に驚く。妻の浅子さん(74)も「50年大津に住んでいる。港の仕事もしたが、初めて見る光景」と話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
16℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み