HOME 十勝毎日新聞社ニュース 帯広空港に子ども遊び場 遊具いろいろ 供用開始
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

帯広空港に子ども遊び場 遊具いろいろ 供用開始

  • 2017年3月12日 14時04分

供用開始した「キッズパークうらら」で遊ぶ子どもたち

 帯広空港ターミナルビル内に設置された子どもの遊び場スペース「キッズパークうらら」が、11日に供用を開始した。オープンを待ちわびた親子の笑顔が広がっている。

 同ビルの活性化に向けたプロジェクトの一環で、2階売店横のフリースペース(約40平方メートル)を改装。アイヌ語で「空」を意味する「うらら」を愛称とした。

 飛行機の風船をつるした天井や、壁、床は十勝の青空や大地を感じさせる青と緑を基調とした。開くと仕掛けが飛び出す絵本や折り紙、壁や柱を使う「プレイウオール」を取りそろえ、弾力に優れた抗菌マットを敷いている。

 この日は同ビル内で記念セレモニーが行われ、同ビル社長の米沢則寿市長が「子育て世代が待ち望んだ念願の遊び場。皆さんに楽しんでもらえる空港にしたい」とあいさつ。続けて米沢市長、帯広大正農協女性部フレッシュミズの道端美佳会長と長女(3)ら6人によるテープカットで完成を祝った。

 今後は子ども向けのイベントを定期的に行っていく予定。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
24℃
最低気温
10℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み