HOME 十勝毎日新聞社ニュース 自慢のミニ四駆 難コース挑戦 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

自慢のミニ四駆 難コース挑戦 帯広

  • 2017年3月12日 14時03分

特設コースを疾走するミニ四駆

 「十勝ミニ四駆体験会」が12日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。親子連れなど多くの人が訪れ、全長約144メートルの特設コースで自慢のミニ四駆を走らせた。

 ユニットプロモーション(札幌)主催、タミヤの協力。道東での体験会開催は初めて。ミニ四駆は1982年発売のモーター付き自動車模型で、現在は第3次ブームとなっている。

 午前10時半の開始とともに愛好者が集まり、午後のタイムアタック大会に向けてテスト走行を実施。ただ、多数のカーブや起伏がある難コースにコースアウトが相次ぎ、悲鳴や歓声が響いた。

 会場では初心者対象のミニ四駆工作教室も開かれ、歴代モデル約100台が展示された。

 親子3人で参加した更別中央中1年の男子生徒(13)は「走らせることで作った成果が見られ、達成感がある」、更別小4年の弟は「他の人の走りは速く、参考になる。何とか完走したい」と話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
28日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み