HOME 十勝毎日新聞社ニュース 給食用コロッケ開発中 帯広南商業高校
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

給食用コロッケ開発中 帯広南商業高校

  • 2017年2月26日 13時48分

 帯広南商業高校クッキング部(藤田葉南部長、部員20人)は、帯広市の学校給食に提供するコロッケの開発を進めている。同部のオリジナル料理「とんチャパ」をアレンジしたメニューで、4月の給食に登場する予定。将来的には、加工食品として市場での流通を目指している。

「とんチャパ」コロッケの開発を進める帯広南商業高クッキング部の部員たち。前列左から2人目が藤田部長

 「とんチャパ」は豚丼をヒントに、豚肉やキャベツなどをチャパティ(薄いパン生地)に包んだメニュー。2015年の「ご当地!絶品うまいもん甲子園」で全国優勝し、期間限定でコンビニエンスストアで商品化された。

 これまでも、親子丼など同部考案の献立は市の学校給食に登場していた。今回は、味やネーミングなどに特徴があるとんチャパの商品化も見据え、市学校給食センターと同部が協力して独自メニュー開発を検討。1日約1万4000食の給食で提供しやすいよう、コロッケの形式にした。

 コロッケには豚肉やキャベツ、紅しょうが、チーズなどを使用。同センターと取引がある食品卸「トォータルフーズ」(帯広)の協力を得て、紅しょうがの量や肉の食感を調整するなど試作を重ねた。14日に同校で開いた2度目の試食会では「先輩たちが作ってくれた、とんチャパの風味を生かしたコロッケになった」(藤田部長)と部員たちも太鼓判を押し、給食提供のめどが立った。

 本来のとんチャパは十勝産の食材を使用するが、コストを削減し給食費で賄えるよう道内産に変更。1個(50グラム)約70円を実現した。

 同センターの服部哲也センター長は「給食に提供する地元の加工食品を増やしたい。商品化への協力などいろいろな形で連携していきたい」と話す。児童・生徒の意見を商品改良に生かしたり、複数回、給食に登場させるなどの支援を行う考えだ。

 授業で流通やマーケティングを学ぶ同部の生徒にとっても、一連の取り組みは生きた教材になる。同部顧問の松原明香教諭は「給食メニューになれば、とんチャパが広がり、引き継がれていく。いずれは商品化につなげ、地域に還元できれば」と話している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
10℃
最低気温
-1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み