HOME 十勝毎日新聞社ニュース メダル見たい 最終日も行列 冬季アジア大会 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

メダル見たい 最終日も行列 冬季アジア大会 帯広

  • 2017年2月23日 13時51分

十勝勢のメダルが期待される最終日は開場が1時間10分早まり、続々と入場する来場者

 冬季アジア札幌大会は23日、明治北海道十勝オーバルでスピードスケート競技の最終日を迎えた。雪が降る中、この日も開場前から約70人が入り口に行列をつくり、女子マススタートに出場する十勝勢の高木菜那選手(日本電産サンキョー-帯南商高出)、高木美帆選手(日体大-帯南商高出)の活躍を直接見ようと競技開始前から熱気に包まれた。

 開場時間は4日連続で早まり、この日は予定より1時間10分早い午前10時50分に開場。配られたカイロを手に並んでいた音更町の久野寿雄さん(67)は「4日間来ている。十勝の選手が活躍する姿を見るのは最高です」と話していた。

 3種目が行われた最終日は午後1時からの男子1500メートルで始まり、同マススタートで全4日間14種目を締めくくった。女子マススタートは、団体追い抜きを制した高木菜那選手と1500メートル、3000メートル金メダルの高木美帆選手が姉妹での表彰台に挑んだ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
19日の十勝の天気
最高気温
24℃
最低気温
15℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み